奇跡を呼ぶ意識の魔法

目に見えない世界のこと、不思議なこと、引き寄せの法則について綴っています。

波を崩す、そして調整される

energy-healing-quantum

どんどん良くなる!その代わり・・・?

少し前から新しいヒーリング方法の模索を続けておりましたが、夏が始まる頃にはこの新しい方法を使ってやっていけそうです。新しいと言っても5年ほど前に身につけた方法なのですが、その当時は教わるプログラムの内容がかなり大雑把であり、ぼんやりとしか解らない状態でした。とにかく、かなり不思議な方法である事は間違いはなかったのですが、教えてくれた人がアメリカ人だったためか、言っている事の本質を、私自身が納得できるレベルまで落とし込んでしっかり理解できていなかったのかもしれません。それで、とにかく納得出来なければそのような方法を知っていても使わないタイプなので、私は習った直後はその方法を少し使ってみたものの、5年間ずっと放置しておりました。しかし、この1ヶ月間、改めて感覚を頼りに試行錯誤を繰り返しながら、どのようにすればこの方法をスムーズに使うことが出来るのか取り組んでみたところ、ようやく腑に落ちるレベルまで頭と感覚の両方から理解する事が出来て、使って行けるという手応えを得ることが出来ました。しかし、この半年間に行っていたヒーリングとはまるでエネルギーの質とやり方が異なりますので、これまでにヒーリングを受けて頂いていたお客様に対しては今後どうすれば良いかと考え中です。というのも、これまでは身体の不調のある箇所をピンポイントで、もの凄く意識を集中させながら意図と作業を行っていく方法であり、これが4次元のエネルギーを使った方法だからです。4次元のエネルギーを使うと身体がすぐに治りやすいという特徴がありますが、危険なのは施術する側の生体エネルギーが段々と減っていってしまうというところであり、良くなる代わりに何かと引き換えに差し出さなくてはならなくなってしまうところです。この図式は超オカルトな領域のものであり、話が長くなりそうなのでまた今度書きます。私は最初この方法が4次元のものであることを知らず、習い始めて半年ほどしてからその事を知ったのですが、教えてくれる人自身が7年もこの方法を使っていても健康で大丈夫そうに見えたので、4次元の危ないエネルギーを安全に使う方法が何かあるのではないか?と思って暫く続けておりました。が、しかし・・・今は言えませんが、とある状況や場面を見ていて「こりゃまずい!!!」と思うような事があったのです。とある事を目の当たりにして、このたび6月を目前にして「やっぱり4次元エネルギーはヒーリングに使うべきではないのだな」という結論に至りました。

それを始めると必ず寄って来るものとは?

先日もチラと書きましたが、4次元は霊がたくさんいる所ですので、そこのエネルギーを使うほどに彼らと周波数(波長)が合ってしまうのだと思いました。それ自体が私にとって歓迎出来ない事でもありますが、とにかくこのヒーリング方法を使い始めて数分すると、必ずと言って良いほどお客様のオーラの周りに霊が寄って来るのは何故なのかなぁ・・・などと思っていましたが、それもそのはずですよね。4次元と周波数が合ってしまうのですもの。このヒーリングをお受けになった事のあるお客様は、私が「あっ、また来た!どういうわけかヒーリングを始めると霊が寄って来るんですよね~。」と言いながらハエを除けるような仕草で「シッ!シッ!」と何かを払い除けようとしているのを何度か見たことがあると思います(笑)まあ、そんな事をしても霊は出て行ってくれるわけがないのでしたが・・・。しかし、憑依や除霊という世界があるのは本当だと思いました。私は自分の目や感覚で霊がいるのを認識できるため、そのようなことは本当にあるのだということを理解する事が出来ました。除霊によって本当に霊は居なくなります。そして、憑依によって身体や人生の物事が不調を来したりすることもあるのだということや、それらを取り祓う事によって物事が好転していくという事も理解する事が出来ました。実際にそのように好転していった人々をたくさん見ましたのでね。多分、私は今までに4次元のヒーリングだけは手を出していませんでしたので、サイキックなレベルでのエネルギーを扱ったヒーリングを行っていくにあたり、4次元の世界の掟やそのエネルギーの質などを理解しなくてはならなかったのだろうと思います。そして、除霊という概念についてですが、これは4次元の方法ではない方法で行うことが出来るのではないかと思いました。4次元の方法でこれを行うとなるとやっぱり大変危険なようです。この事については未着手ですが、新しい方法でエネルギーを扱っていれば、おのずと出来るようになっているだろうと思っております。

なぜか勝手に調整されてしまうのだ

これを書いている最中にもお客様からメールを戴きまして、ヒーリングを受けるということではなく、天然石を買いにいらっしゃっただけなのに、痛かった首や背中や胸の痛みが消えてしまい、どうやら自然に調整されてしまったようだという事が書かれていました。こちらのお客様と同じような事を、最近よく他のお客様からもお便りを頂きます。確実な事は言えないながらも、新しい方法でのヒーリングを毎日試し始めてからそのように言われるようになったことだけは確かなので、おそらく新しい方法で周波数を扱うことによって私自身またはセッションルームの磁場が強まり、自動調整されるようなエネルギー場が形成されつつあるのかもしれません。少なくとも私が5年前に習ったアメリカ人の先生は、先生の近くに寄っただけでも勝手に身体が調整されてしまうというような人でした。それは磁場のせいだと言っていました。頻繁にこの方法を使っているとそうなってしまうんだよ、とのことでした。で、私が6月から毎日試している方法は、その先生から教わったものと、これまでの経験から得たものとをミックスしたものですが、6次元~7次元または8次元だか何だかの方法に該当すると思われます。とにかく、それを行う際には集中することは間違いありませんが、故意に意図をしたり、意識を送ったり、何か作業を行うということをしてしまっては成り立たないような質のものです。そのようにしてしまえば「我」が出てしまいます。なので、ピンポイントで「腎臓に◯◯をする」というように意図するものでもありません。とりあえずこの方法を使うにあたり「無」の状態を保たなければならないというのが少し大変です。しかし、遠方の人への遠隔ヒーリングはもちろん、憑依の有無にかかわらず誰にでも行える上に、身体だけではなく、感情などの心理面にも癒しを与えられるようなので以前よりも幅が広がりそうです。引き続きこの方法を更に深めて参りたいと思います。

 

今日もたくさんの応援を有難う御座います!
20170302214307
f:id:dolphinparty:20161017175024g:plain