奇跡を呼ぶ意識の魔法

目に見えない世界のこと、不思議なこと、引き寄せの法則について綴っています。

第10チャクラと神の創造性

過去生からの恐れを完全に手放す_10th_chakra

第10チャクラとは?

第10チャクラが開き始めると、幾多の過去生の中で学び、身につけた経験や知恵、能力などのスキルの多くが今の人生の中で現れ始めます。これは第9チャクラも同じでしたね。しかし第9チャクラと少し違うのは、第10チャクラではこれまでに過去生で何度も学んできた経験や知恵、能力とは別に、新しい能力を手に入れていくという事もテーマにあることです。そうする事によって、新しく得たスキルを魂に取り入れ、更に蓄積して行くのです。また、第10チャクラが司っているのは神の創造性、人生におけるあらゆるシンクロニシティ、男性性と女性性の統合です。神の創造性とは、あなたの人生のあらゆる場面を完璧に調和させるものです。この調和があなたの人生を明示するようになり始めると、自分がちゃんと正しいタイミングで、正しい場所に居るのだということを理解できるようになります。このような神の創造性のエネルギーは、この第10チャクラを通じてあなたの中に流れて行き、あなたが行っていることに対して完璧さをもたらします。つまり、あなたが行っていることに間違いはなく、どのような時も正しい道を歩いているということを教えてくれる、ということです。(例え、あなたの行いによって望まぬ方向へ物事が運んだとしても、その中から必ず調和を見つけることが出来る、という事もここに含まれています。)また、過去生で男性として生まれた時もあれば、女性として生まれた時もあったと思いますが、それまでのように男性、女性のどちらかのエネルギーだけを使うのではなく、過去で経験した男性性と女性性のエネルギーが統合され、そのエネルギーを使うことによってスピリチュアルなエネルギーが更に高まり、あなたの人生の中に調和をもたらします。ちなみに、これらは実際の男性であるとか、女性であるなどという3次元的な性の定義に基づいておらず、あくまでもエネルギー的な性質のことを指して言っています。

第10チャクラが開き始めると?

第10チャクラが開き始めると、第9チャクラのテーマに関して調和を取る必要のある事柄(修正・調整しなくてはならない問題)がたくさん表出し始めます。 幾多の過去生で培ったスキル(経験、知恵、能力)を使おうとする時にそれらが表出し始めるのです。その問題は大きな困難であることも多く、殆どの人々が第9チャクラのヒーリングを行う必要があるようですが、第9チャクラが既に開いていたとしても、第10チャクラが開き始めるまでは、第9チャクラのテーマに目を向けようとは思わないかもしませんし、このチャクラを癒すという事すら思いつかないかもしれません。また、第10チャクラが開いている人が、何か特定の技能(歌や絵、特定のスポーツや知識などなど・・・。)を身に着けたいと思うようになり、それに取り組んで行きますが、なかなか先に進まなくてイライラするという事があるかもしれません。その技能もいつかの過去生の中で経験したものであっても、そこに何らかのトラウマがある場合、それを調整を取って癒す必要があるのです。いったん第9チャクラが癒されれば、それらの過去のスキルは順調に、更に大きく発達していくでしょう。

第10チャクラを開くために

第10チャクラを完全に開いて機能させるためには、過去生から持ち越した恐怖を克服する必要があります。恐怖は第10チャクラの働きをブロックします。また、過去生におけるトラウマも同時に癒していく必要もあるでしょう。第10チャクラは第4チャクラとよく似た性質を持っています。他のチャクラから霊的なエネルギーを受け取り、それを3次元で物理的に使っていけるように変換する働きがあります。また、霊的な覚醒を遂げた人がその後に引き起こしやすい「霊的な不調和」は第10チャクラのブロックによって引き起こされる可能性が高く、例えば、混乱してしまったり、男性的なエネルギーと女性的なエネルギーを統合できなくてアンバランスな態度や行動をとったり、高いスピリチュアルな能力を適切に使うことが出来なかったり、現在の人生で必要なスキルを取得出来なかったり、他者を拒絶したり、霊的に目覚めた他の人を受け容れる事を恐れていることがあります。特に、高いスピリチュアルな能力に関するブロック(その能力を使うことに恐れを抱いていたり、そのような能力が自分には無いと思いこんでいたりする事)は第10チャクラにおいて修正すべきポイント(問題点)です。

第10チャクラのためのクリスタル・ヒーリング

第10チャクラのための石はアイオライト、ラピスラズリ、タンザナイト、濃い目のブルーアパタイト、または水晶です。クリスタル・ヒーリングではチャクラの色と同じような色の石を用いますが、第10チャクラの働きが活性化する時は青い光が発動するため青または水晶を用います。これらの石を身に着けつつ、第10チャクラのテーマについてフォーカスして行くだけでも、自然とそちらの方向へ向かって行くようになります。水晶を使った方法では、小さめの水晶を3個~6個を第4チャクラの上に円を描くように配置します。そして、意識を第4チャクラに起き、そこから第10チャクラへと意識を延ばし、クリスタルのエネルギーが光となって第10チャクラへと流れ込んでいくのをイメージしながら送ります。水晶の代わりにアイオライトやラピスラズリ、タンザナイトなどの濃い目の青い石が3~6個あれば、そちらを使っても構いません。その際は青い光をイメージして送り込むようにすると良いでしょう。

第10チャクラに関連する要素(まとめ)

第10チャクラの場所:頭頂から240~300㎝ほど離れた場所

 

第10チャクラ活性時の色:

 

精神面への影響:

神の創造性を受け容れる、男性性と女性性の統合

 

その他への影響:

過去生から持ち越したブロック(恐れ)を完全に取り除く

 
第10チャクラに適した香り:

サイプレス、フランキンセンス、サンダルウッド

 

第10チャクラに適した石:

アイオライト、ラピスラズリ、タンザナイト、ブルーアパタイト、水晶

 
◆◆◆第9チャクラ解放への道を是非楽しんで!◆◆◆

 

◆チャクラの記事一覧★

第0チャクラ→地球のエネルギーを引き込むゼロ・チャクラ

第1チャクラ→第1チャクラ:ムーラーダーラ・チャクラ

第2チャクラ→第2チャクラ:スワーディシュターナー・チャクラ

第3チャクラ→第3チャクラ:マニプーラ・チャクラ

第4チャクラ→第4チャクラ:アナーハタ・チャクラ

第5チャクラ→第5チャクラ:ヴィッシュッダ・チャクラ

第6チャクラ→第6チャクラ:アジュナー・チャクラ

第7チャクラ→第7チャクラ:サハスラーラ・チャクラ

第8チャクラ→個を超えて行く、第8チャクラ

第9チャクラ→第9チャクラと魂のブルー・プリント(青写真)

第11チャクラ→第11チャクラと魂の図書館

第12チャクラ→第12チャクラと宇宙の繋がり

 
今日もたくさんの応援を有難う御座います。
f:id:dolphinparty:20161017175024g:plain