奇跡を呼ぶ意識の魔法

目に見えない世界のこと、不思議なこと、引き寄せの法則について綴っています。

アストラル・ボディーにご注意を

occult_astralbody_energy_healing

アストラル体に働きかけようとするとやって来る

エーテル体、アストラル体など、オーラに関する説明はこちらのページへどうぞ↓↓

www.dolphinparty.jp

時々このブログに、除霊への道として行っている勉強会の話をちらりと書くことがありますが、実は、この勉強会では座学は全くないのです。師匠がオーラやチャクラやアストラル体の事などについて概念を教えられることもなければ、目に見えない事柄について私たちに何かを教えたりする事も全くありません。勉強会に行くと、最近どのような事があったという話をみんなでほんの30分ほどシェアして、それが終われば施術における「気」をどのように取り扱っていくかを伝授してもらい、あとはペアを組んで施術の練習を行うだけです。本当に講義を聞くというようなことは一切無いのです。そのため、分からないでいる事も実は何気にあります。それは例えばこのような事です。人に浮遊霊が憑依する場合「意識」または「身体の部位に部分的に」憑くという事は理解していましたが、さらに具体的に言えば人のどの部分に憑くのかという事までは理解していませんでした。とある女性が「憑依されている人に対して遠隔で施術を行ったら自分の家に浮遊霊が来てしまった。」と言っていたのを聞いて疑問に思った私は、この事を師匠に質問したところ「この施術が、その人のアストラル体に対して働きかけをする施術だからです。霊が憑依する時はアストラル体に憑くのですよ。」とのことでした。私は今まで、憑依がアストラル体に憑くという事を知りませんでした。しかし、なるほどね!と思ったこともあります。

霊は感情の残留物である

私は随分前に「霊は亡くなった人の感情の残留物だ」と言っていた事がありましたが、その時は、私自身が時々見かけるそのような存在に関して、霊感覚的にそう感じていたので、ただそのように思っていたまでなのですが、師匠に「憑依はアストラル体に憑く」と言われてから「アストラル体と言えば、確か感情を司っている場所だったはず・・・。」という記憶を元にアストラル体の事を改めて調べてみると、やはりそうでした。アストラル体は人の感情や欲望のエネルギーを司っているオーラであり、人がなくなる時に、あまりにも執着や後悔、怒りや悲しみ、欲望、その他の感情のエネルギーが強かった場合、肉体やエーテル体などが3次元から消えても、アストラル体だけが3次元に残ってしまうのです。これこそが浮遊霊の正体であり、成仏できないという現象でもあるのです。だから浮遊霊は生きている人のアストラル体に憑依するということなのですね!つまり、アストラル体同士で周波数が合いやすいという事です。よく「アストラル界」というのを目にしますが、これは感情体であるアストラル体がたくさん集まる場所の事を指し、幽界と呼ばれる場所のことです。アストラル界の住人たちは「自分さえ良ければ良い」というエゴのかたまりです。現在肉体を持って生きている私たちが、このような意識を持っていれば、当然アストラル界の住人である浮遊霊などに憑依されやすくもなりますので、そのような意識にはご注意を。

憑依を避けるなら感情をおだやかに

少し前に、とある男性が政治の話をTVかネットで見た時に、はらわたが煮えくり返るような勢いでものすごく怒ってしまい、それによって15体一気に憑依されてしまった事があると言っていました。何故その政治のニュースが原因だと思ったのか?それはその直後から身体が異様に重くなり、動けなくなってしまったり、息苦しくなったりしたし、そのニュース以外に考えられるようなことが無いから、と言っていました。師匠も時々言います。「感性が鋭くてピントが合ってしまいがちということ以外では、感情が激しく動く時、ものすごく落ち込んだり、激昂したりする時に憑依される人が多い。」とのことです。これは感情を司るアストラル体の不安定さによって、入り込まれる隙が生まれてしまうということなのでしょうね。感情があるからこそ人間らしく、生きているという実感があるのだと思いますが、その代わりと言っては何ですが、感情のバランスをど真ん中に持ってくる事(つまりフラットな状態)が出来ない状態が続けば、輪廻転生のサイクルから抜けることも難しいのでしょう。感情や輪廻転生の関連についてはまた今度、順を追って書いていこうと思います。ちなみに、植物は物質とエーテル体のみから成り立っているようです。動物にもアストラル体は無いと言われていますが、本当のところはどうなのでしょうね。私の家の猫は最近太って来て、走るのも少し大変そうな状態になっていました。年に一度の検診に行く度に、動物病院の先生に「キミは食べ過ぎなんだよ~」と言われるので、先日、気の力を使って脂肪をごっそり取り除きました。すると、次の日に猫の身体がひと回り細くなっていたのです。そして今日も家の中を、以前よりも断然軽快に走り回っています。師匠も「動物に施術を行うとすぐに結果が出る」と言っていましたが、もしかしたら、彼らには本当にアストラル体が無くて、アストラル体のひとつ下のオーラである「エーテル体」に直に働きかけても大丈夫な状態(人間のように思考や観念がない)だからこそ、結果が出るのが早いのかもしれません。

 

今日もたくさんの応援を有難う御座います! 
f:id:dolphinparty:20161017175024g:plain