その次の世界へ 魂の旅

魂の探求、普段は目に見えない世界のこと、スピリチュアル全般について綴っています。

これって誰のエネルギー?オーラの中に見える他人の意識

オーラにつく人の念_アロマテラピー_サイキックリーディング

突然、右肩に見えた世田谷区◯◯◯2丁目・・・?

こちらもアメブロの方に書いた過去記事のリライトになります。こちらのブログにも記録を残しておこうと思って書いています。以前、アロマヒーリングのセッションを行っていた時のことです。セッションの過程も半分を過ぎた頃、私はうつ伏せに横になっていらっしゃるお客様の背中にアロマオイルを塗っていると、突然、そのお客様の右肩のあたりに「世田谷」という文字がチラッと、しかしながらハッキリと見えました。それに続いて、今度はとある電車が走っているヴィジョンが見えて来て、その沿線のとある地域の風景が勝手に浮かんで見えて来ました。私はすぐに、それが何線の電車であるか、その風景がどこのものであるかは判ったのですが、これらのヴィジョンが何を意味しているのかすぐに解りませんでした。何しろ私がオーラを見ようとしなくても、勝手にオーラから浮き上がって来たヴィジョンでしたし、お客様に関係している情報だという確信めいたものがあったので「最近、世田谷方面に行きましたか?X線が走っているのが見えたのです。X線で世田谷区内の街に行きませんでしたか?Q駅とかV駅の周辺で・・・。」と聞きました。その沿線で世田谷区内となれば、おのずと駅が限られて来ますが、その駅名までは出て来なかったのです。ただ、大体の範囲は判っていました。

背中に整体師の男性が・・・

「世田谷・・・?数ヶ月前に行きましたけど・・・」とお客様が答えようとした時、今度はお客様の首のあたりに再びヴィジョンが浮かんで来ました。それは身体に手を当ててヒーリング、または整体か何かをしている男性の姿でした。「何だかオレ様なエネルギーだなぁ・・・」と思った瞬間、お客様の背中の広範囲にも、その男性のエネルギーがベッタリとくっついているのが見えて来ました。ものすごく影響力の強い、圧倒されるような感じのエネルギーでしたので、思わず私もビックリして「お話が途中なのにすみません、あの、背中に男性のエネルギーがくっついているんですけど、このような方に見覚えがありますか?このエネルギー、かなり強いですよ?」とお客様に訊ねました。その男性は、まさしく世田谷のQ駅とV駅の間あたりの場所で、整体とエネルギーワークの施術を行っている人なのでした。多くの熱狂的なクライアントさんに支持されていらしゃるとのことで、オレ様という表現がぴったりではありませんが、大まかに言えばカリスマ性のある、大体そのような感じの人だとお客様はおっしゃいました。

小池さん達が左肩に・・・

そして、お客様のオーラから勝手に浮かび上がって来たヴィジョンはそれだけにとどまりませんでした。今度はお客様の左肩あたりに「小池」という名前が浮かび上がりました。しかも、その名前には「複数」のエネルギーがあり、とても不安そうで心配しているエネルギーで、少し重いものをハッキリと感じ取りましたので「身近に小池さんというお名前の方はいらっしゃいますか?◯◯さん(お客様の名前)に対して、とても心配しているようなエネルギーを発しているのですが・・・。」とお客様に訊ねてみたところ「それは母方のお祖母さんと叔父さんの名前です。」とおっしゃいました。お祖母様と叔父様はそのお客様の事をとても可愛がってくれていて、それゆえに、いつもいつも気にかけながらも、とても心配しているということでした。

田中さんではない女性が腰に・・・

セッションも終わりの頃になって、さらにお客様の腰のあたりにも他人のエネルギーが付いているのが見えました。先述のもの程は強く出ていませんでしたが、それは「田」という漢字から始まる名字の女性で(しかしながら「田中さんではない」というのだけハッキリと出ていました。)職場に関係している人であるということと、そのお客様の事をとても羨ましがっているエネルギーを感知しました。色々な面で羨ましがっているようでしたが、特に外見に関して羨ましいという気持ちが強いのを感じました。「職場で身近に ”田” から始まる名字の女性はいませんか?とても羨ましがっているようなのですが・・・。」とお客様に訊ねると、時々一緒にランチに行く女性で「たし◯さん」という名前の人がいるとのことでした。社内の人づてに聞いた話によると、その女性は、特にお客様の容姿について「羨ましい」といつも言っているとのことでした。

いとも簡単にくっついてしまうその想い

その後も度々このようなケースがありましたが、 人の想い(気持ち)というのは思いのほか簡単に、想う対象の人のオーラについてしまうものなのです。人は日常的に誰かのことについて何かしら考えたり思ったりしていますが、この想いが強いほど、相手のオーラにも強烈に反映されたりします。一番最初に書いた整体師の男性はエネルギーが強いだけではなく、我も強いからこそ、無意識的にお客様のオーラにビシっと「自分印」をつけてしまったのではないかと思われますし、二番目に書いたお客様の親戚の方々は「孫または姪(お客様のこと)が幸せになって欲しい」という想いが強まってしまってオーラについてしまったり、三番目の職場の女性も「あの人(お客様のこと)が羨ましい」という想いが強まってしまい、意図せずオーラにそのエネルギーをくっつけてしまったのだと思われます。想いのエネルギーは、私たちが思っている以上に強いものです。簡単にくっつきます。しかし、幾ら想いのエネルギーを向けられ続けても、投げられ続けても、オーラに全くくっつかない人というのもいるのです。今日は長くなってしまったので、そんな話はまた次回にでも(^^)

 
今日もたくさんの応援を有難う御座います!
20170302214307
f:id:dolphinparty:20170829151702g:plain