その次の世界へ 魂の旅

魂の探求、霊性を高めること、スピリチュアル全般について綴っています。

「身体の不調は気づきの時」について私が知っている2、3のこと

病気は気づきの時_身体の声を聞く_スピリチュアル

体調不良や病気の意外な原因とは

身体の不調や病気、特に動けないような状態になったり、すぐに不調が治らないような時って、どのようなことを考えて過ごしていますか?何かの予定が流れてしまった事や、楽しみにしていた事や、これから新たにやろうと思っていた事が出来なくなってしまったことに対して悔やんだり、身体の不調を恨めしく思ったりするでしょうか?高熱が出てしまったり、ひどい痛みが毎日続くというような場合には、身体のほうに全神経が集中してしまい、そのような事を考える余地なんて無いかもしれませんね。実は、身体の不調や病気という体験の中には、悔やんだり、恨んだりする以前に、何か気づかなくてはならない事が含まれている事が多いようなのです。その内容は様々ですが、人によっては、身体が元気な時にはなかなか気づけないものがあるのかもしれません。それは、不調や病気の原因というものとはまた別のものです。「原因」という事で言えば、それは様々であり、意外なところでは「目に見えない世界のエネルギー」なども大いに関連していたりしますので「1+1=2」というような単純明快な図式で言い表せるようなものでもありません。もちろん、ただ単に生活習慣から来ているものもありますが、それも元を辿れば、心や精神のバランスに関する部分から来ている事が殆どだったりします。また、ヒーリングを職業として行っている人やセラピスト、霊能力のある人や、霊媒体質、敏感なタイプの人などは、他から気を受けてしまったりして体調を崩すことは結構あるのではないかと思います。これは、目に見えない世界で飛び交っている「ネガティブな気」が知らない間に自分の中に溜まってしまったり、また、目に見えない存在の仕業、つまりレイショウというものだったりします。(怖がる人もいらっしゃるかと思いますので、ここは敢えてカタカナで書いています・笑)レイショウの場合は、スピリチュアルな世界の住人でなくても受けてしまう事が多々ありますので、そのような場合は対処さえ行えば病気などともおさらば出来ると思います。その場合でも、同時に内面や意識の部分を見直していくことが必須になる事もあります。見えない世界からの影響が原因である場合については一概に言えないものがありますが、それはまた今度の機会にでも書こうと思います。

ポジティブが体調不良や病気を呼ぶ!?

ただ、体調不良や病気の時はポジティブに考えようとしてはなりません。これはおすすめしません。スピリチュアルな世界でも一般的に、ネガティブな事ばかり考えていると病気になるから、出来るだけポジティブに考えたほうが良いよ、などと言われていますが、実は、ポジティブばかりでも体調不良や病気になったりします。もちろん、ネガティブな考え方ばかりでも病気になりますけれどね・・・。体調不良や病気になってしまう人の多くは「頑張り屋さん」だったりします。そのような人々の話を聞いていると、その人達がとてもポジティブな物言いをしていることに気づくことがあります。ポジティブで居なきゃ!と思い込んでいたり、表面上では明らさまなポジティブな態度をしていなかたっとしても、自分を律して頑張るために、ネガティブな気持ちを自分の何処かに押さえ込んで、前だけ向いて物事に取り組んでいたりします。体調不良や病気というのは、何かしらの要因によって身体が本来持っているエネルギーのバランスを崩してしまった状態であるわけですが、バランスを取り戻すために、何でもかんでもポジティブなエネルギーを取り込むという方法だけでは上手く行かない場合があるのです。シーソーを思い浮かべていただくと解りやすいと思いますが、バランスが取ることが出来る「中間地点」に重心を置かなければ、どちらか片側だけに傾いてしまいます。その傾く方向というのは人によってネガティブな方面だったり、ポジティブな方面だったりするのです。バランスを崩すと言うと、大抵の場合はネガティブな方向に傾いてしまったのね・・・などと思う人も多いのではないでしょうか?しかし、ポジティブ側に傾くことも、一般的に人々が言うところの、ネガティブ側に傾くということと同じ事に当てはまるのです。

バランスを取るためには?

体調不良や病気になった時というのは反省(気づき)の時でもあります。「どうしてこうなってしまったのかな?」「私はネガティブとポジティブのどちらに傾いてしまったのだろう?」「頑張りすぎてしまったかな?」「一人で色々と背負いすぎてしまったかな?」或いは「毎日、愚痴ってばかりいたけど、やっぱり身体が元気なのが一番ありがたいなぁ」または、自分が今までやりたかったことを我慢していたという事に気づくかもしれませんし、自分を抑えすぎていたことに気づくかもしれません。これらはあくまでも例えに過ぎませんが、自分の内面をしっかりと見て、理解して、それが出来たらあとは何も考えずに日々の目の前のことに感謝しながら過ごすと良いのではないかな?と思います。今までポジティブさを全面に出して頑張り過ぎてしまったという場合は、もしも心の奥に吐き出したい弱音があったならば、それをすべてさらけ出してしまっても良いと思います。何しろ、今までずっとポジティブなエネルギーを保ち続けてしまったということであれば、バランスを取るためにネガティブな部分も自ら認識し、受け容れる必要があるからです。

 
今日もたくさんの応援を有難う御座います!
20170302214307
f:id:dolphinparty:20170829151702g:plain