読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奇跡を呼ぶ意識の魔法

目に見えない世界のこと、不思議なこと、引き寄せの法則について綴っています。

スッキリ後はフォーカスしない事が重要!

f:id:dolphinparty:20170403193002j:plain

身体へのフォーカスは中立に

関連記事は↓こちら↓にもございます。

www.dolphinparty.jp

関連記事(2)

www.dolphinparty.jp

この記事の最初の方だけちょっとこわい話かもしれませんが、下の方はこれから憑依を取り除いていく人には大切なことをチラリと書いてみました。今月に入ってからも、憑依を取り除いていくことを決められた方が続いております。このところ、ガンを患っていらっしゃる方が続いていらっしゃってますが、ガンのような大きな病気をされる方の多くに憑依が見受けられます。もちろん、全員の方ではありませんし、大きな病気をされていらっしゃらない方でも憑依があったりもしますし、病気でも憑依がない方もいらっしゃるかもしれませんし、憑依の内容もさまざまです。ただ、やはり病気の場合は憑依されているパターンが多いようですね。病気の場合で憑依がある場合は、それらを取り除かない限りはいくらヒーリングや気功を行ってみても、さまざまな代替療法を行ってみても、なかなか治らない事のほうが多いようです。ガンなどの場合は転移してしまったりする事も多いです。私は見えない世界についてお伝えすることが仕事ですので、時々、病気をされていらっしゃるような深刻な状態に在る方には、憑依があることをハッキリとお伝えしなければならない事があります。だからと言って、病気をされていらっしゃる場合以外では、お客様から聞かれない限り師匠にその内容(何が何体憑依しているか?ということ)を訊ねることもないのですが。ところで、最近ちょっと「もしかして?」と気づいた事があります。ガンのような大きな病気でも蛇ヘビやキツネ、ジゴクなどのきついものではなく、ただのフユウだけが入っている人も何人か見かけました。あまり分析したりフォーカスするのも良くないのですが、ふと思ったのは、身体にフォーカスが強い人ほどヘビがついていることが多いようにも見受けられたからです。ヘビは一般的に欲望が強い人と言われていたりもしますが、その他のものも欲望が強いことには変わりはないと思います。ヘビの場合は肉体の欲望とか、色情の欲望などと言われていますが、そこに限らず「身体」が関係しているようにも思えます。なので、身体が弱いと思い込んでいたり、何か身体に関する事でネガティブにフォーカスし過ぎていたりしても、ヘビが憑いてしまうのではないのかな?と思った次第です。

フォーカスさえしなければどこでもOK

さて、おどろおどろしい話はこれくらいにして、憑依を取ってスッキリされた後はどのように過ごしていけば良いのか?ということについて少しだけ書いておこうと思います。憑依されてしまう人には色々なパターンがあって、感情がめちゃ動く時に入られたり、感性が鋭すぎて拾ってしまうことがあったり、人に同情した時に入られてしまったり、見えない世界に関わっていると邪魔が入った時に入られるということがあるようです。特に、感性が鋭すぎる人や、見えない世界に関わっている人などは神社やお寺、歴史のシミがこびりついているような場所に行かれるのはオススメできません。本当はこれは誰に対しても言えることではあるのですが、まったく気にしなければ大丈夫でしょう。神社やお寺に関しては、以前からずっとお伝えしようと思っておりましたが、私も親戚が神社とお寺の家系ですし、日本中に仏閣と神社好きの人が巨万といる中、なかなか書き出せずにおりました。でもまあ、今回はこのことについての言及は避けておき、また今度の機会にでも。歴史のシミがこびりついている場所なんて言ったら、鎌倉も京都も沖縄も、そしてヨーロッパなんかもNGっていうことになるじゃないか!?と言われること必至ですね(笑)感性が鋭敏過ぎる人の場合は、どうしてもフォーカスせずとも拾ってしまうことがあるかと思いますので、やっぱりそのようなものがない場所へのご旅行をお勧め致します。またはスイッチのONとOFFをしっかり確立してから行かれる事をおすすめ致します。こればかりは仕方のないことなのでね。感性が鋭すぎる人の場合は別として、それ以外の方々は、ご旅行を楽しむことにフォーカスしていれば大丈夫です。そうしていればピントが合いませんから。逆に「こわい」「何かいるんじゃないか?」と思っているとピントがバッチリ合ってしまいますので、そのように思ってしまうくらいであれば行かないほうが良いかもしれません。もしもそのような場所へ行ったとしても、ここは是非、現地の景色の美しさや、ご当地グルメなどを楽しんで下さい。まだ、少し続きがあるのですが、この続きはまた次回にでも!

今日もたくさんの応援を有難う御座います!
20170302214307
f:id:dolphinparty:20161017175024g:plain