奇跡を呼ぶ意識の魔法

目に見えない世界のこと、不思議なこと、引き寄せの法則について綴っています。

おはらい(除霊)後のこころがけとは?

cleanup-spirits-spiritual-occult

その症状、実は物理的原因からではない?

関連記事は↓こちら↓にもあります。

www.dolphinparty.jp

関連記事(2)

www.dolphinparty.jp

今週も始まったばかりですが、除霊をご希望されていらっしゃる方々からご連絡を頂きました。中には28体もの別の存在(この数字は多いほうに入ります。)に入られている方もいらっしゃって、これから少しずつスッキリされて行くのが楽しみだとおっしゃっていました。以前、友人が「親戚が、明らかに何かに取り憑かれている状態になっていた事があったけど、今は何ともないから大丈夫!」と言っていたことがありましたが、一度別の存在に入られてしまったら、彼らが勝手に身体から抜け出すという事は絶対にあり得ませんのでご留意下さいませ。また、入られた時というのは最初だけ違和感が出る事があったり、謎の体調不良になったり、何か不調和が起きることがありますが、次第にその人に馴染んで来てしまい、一体化して入られている事もわからない程、違和感が無くなって来るようです。なので、多くの方が「まさか自分が憑依されている」とは思いもしないわけです。しかしながら、そのような存在の影響というのは思いのほか大きく、日々の些細なことから、人生の大きなことにまで影響を及ぼして行きます。その影響の出方は人によっても幅が有り過ぎるので「これ!」と特定することが出来ないのですが、色々な人のお話を聞いてみれば、その多くの場合↓このような状態↓になるようです。

 

急にクラクラして倒れそうになる

原因不明の体調不良や身体の痛み

小さなことにイライラして怒りっぽくなる

意地悪な気持ちになりがち

ネガティブ思考が止まらない

怖い言葉が頭に浮かびがち

情緒不安定になったり感情的になる

些細な事に拘り過ぎる

やる気が全く起きない

妙に食欲旺盛過ぎる

逆に食べることが出来なくなる

長時間眠りすぎる傾向

何度も目が覚めたり眠れない傾向

意味もなく心臓がドキドキする

身体の変な場所が妙に脈を打っている

金銭的な問題を起こしがち(使いすぎ等)

自己卑下をしがち

他人へ批判的になりがち

人間関係に問題を起こしがち

何故か運気が低迷している状態になる

人や物事(職場・その他)などで良縁を得られない

劣悪な環境に自ら入って行きがち

通常では考えられない行動をしがち

または異常行為

自ら行動出来ない

どうしても家から出られない状態になる

うつになる(診断される)

依存傾向が強まる

 

一見すると、ホルモンバランスが崩れた時の症状と似ていますが、そうではありません。性別にかかわらず出て来るものです。そして、これらは今までにヒアリングした結果なので、これらに限らずさらに症状として出て来るものはあると思います。また、これらの症状は人に憑依している場合に限らず、家や土地に憑いている存在がある場合も顕著に出ます。これは憑依がない人であっても、さほど敏感でない人であっても、大きく影響を受けている人が何名かいらっしゃって、家や土地の除霊を私の師匠にお願いをして取ってもらったところ、まったくかつての症状が突然消えて、イキイキと自分の活動にエネルギーをまわしていけるようになったり、運気が上がり良縁を得ることが出来たり、転職を得られたり(こちらは数名いらっしゃいました)するように自然と変化して行かれました。

まずは自分を生きることから始めよう

除霊を依頼して、他の知らない誰かから全く影響を受けていない状態の「元の自分」に戻ったその後はどのように過ごしていけば良いのか気になるところですね。これは他の人の経験なども交えてお伝えしていくことになるかと思いますが、まずは自分の傾向を知ることから始まるのではないかと思います。師匠も私たちにこのように言います。「DさんとEさんの感性は独自のもので異なっているので、それぞれのやり方でブロックの仕方を見つけていかなくてはなりません」と。これは参りました(笑)まさに自己研鑽をしていくしか無いということになります。ですので、ここに私が書いたことが必ず誰にでも当てはまるということはないのです。それを踏まえて頂いた上で、私が提案した内容を試みながら、自分に合ったものを探して行って頂ければと思います。で、やっぱり結論から言ってしまえば、まず最初に「自分を生きることから始める」ということになりますね。その上で色々手放していくという順番になるかと思います。(但しこれは、超敏感な感性を持っていらっしゃる方には当てはまらない可能性も高いです。)自分を生きるためには、自分のことを知らなくてはなりません。自分にはどのような傾向があるのか?どのようなクセがあるのか?という部分を知る必要があるかもしれません。そう言ってしまうと随分と大袈裟な感じがしてしまうかもしれませんね。

◯◯を動かし過ぎると隙が出来る

ただ、日々の中で自分の傾向やクセなどを知ることによって、自分の弱点をあぶり出すことが出来、それによって見えない存在達に隙きを与えないようにすることも出来るのです。例えば、感情的になりやすい人はそのような存在に入られやすくなったりもする傾向が強いようなのですが、とある男性がTVか何かで安倍首相が発言したことに対して猛烈に激怒して感情が揺れ動いた時に、まとめてドドドッと13体入られてしまったという事があったようです。本人曰く、それ以外に思い当たる出来事が見当たらないと言っていたそうです。睡眠中や手術の麻酔にかかっている時などに、いきなり前触れもなく入られたりする事はまず無いようなのでね。感情がどーーんと落ち込んだ時や激怒した時や、誰かに感情を入れ込み過ぎたりした時に隙きが出来てしまい、入られてしまうことがあるようです。このことを考慮に入れると、やはり自分軸をしっかり持ったり、グラウンディングをしっかりして、揺るがずいつでも穏やかな心で居ることがいかに大切であるかということになりますね。ただし、これは自然に湧き出てきた感情を抑えるという事とは異なりますのでご注意を。穏やかな心でいられるようになるには、自然に湧き出て来た感情を、自分自身で認め受け容れられるようにならなくてはなりませんのでね。入られてしまう隙を作る原因は、感情の波以外にも色々なものがありますが、今日はこの辺にして、また次回にでもその他の方法について少しずつ回を重ねつつ書いていきたいと思います。

 

今日もたくさんの応援を有難う御座います!
20170302214307
f:id:dolphinparty:20161017175024g:plain