読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奇跡を呼ぶ意識の魔法

目に見えない世界のこと、不思議なこと、引き寄せの法則について綴っています。

目には見えない身体の層

aura_either_astral_mental_causal

身体とオーラの関係

身体というのは、私たちが実際に手に触ることが出来たり、目に見える物質として成り立っているだけではありません。身体の周りを取り巻いている、いわゆる「オーラ」というものも身体を形成しているもののひとつなのです。その「オーラ」は7層に分かれていて、層ごとにそれぞれ役割がありますが、それは身体そのものに関するものだったり、感情や欲望を司っているものだったり、人生や魂に関連することだったりするのです。その7層のオーラのエネルギーの質を大きく分類すると4つ、または5つになります。私が時々、ボディー・ヒーリングの事を書く時に使っている「アストラル体」などというものです。アストラル体は身体から数えていくと3つ目の層に該当するオーラです。他に身体から順にどのようなオーラが取り巻いているのか簡単にご説明しますと、身体から3~5㎝ほど離れたところまでを覆うモヤモヤしたものは「気体」とよばれるもので、よく暗闇などで自分の手や人を見ると、身体の周りに白くモヤモヤしたものが見えることがありますが、この正体こそが気体なのです。その気体の更に外側を覆っているのが「エーテル体」というものです。エーテル体は身体の機能全般を司っています。そして、エーテル体の外側を取り巻いているのが「アストラル体」です。アストラル体は感情や欲望を司どっています。アストラル体の外側を覆うのは「メンタル体」で、メンタル体の外側を覆うのは「コーザル体」です。それぞれどのようなものを司っているのか見ていきましょう。

目には見えない身体の各層が司るエネルギー

【気体・・・Pranic Body】

まず「気体」ですが、これはエーテル体の一部として捉えても良いものだと思います。しかしながら、気体は身体に対する「気の通り道」なので、気体のバランスが悪くなったりして気がスムーズに流れなくなると、やる気など起きなくなったり、落ち込み気味になったり、疲れやすくなったりするようです。

 

【エーテル体・・・Eitheric Body】

肉体(身体)と連動している層で、気体もここに含まれています。エーテル体と気体は肉体の構成要素と言ってもいいものです。エーテル体が傷つくと肉体に不調和、怪我、病気などという形で現れてきます。ツボを扱う鍼灸や経路、多くの気功などは、このエーテル体に働きかけをするヒーリングです。ちなみに、花や草木などの「植物」は物質とエーテル体から構成されています。

 

【アストラル体・・・Astral Body】

人の気分や感情や感覚、欲望のエネルギーを司っている場所であり、幽体離脱や臨死体験をする時というのは、肉体からアストラル体が抜け出て行きます。アストラル体は自由に移動することが出来るものなのです。私がよくこのブログで言う「浮遊霊」は亡くなった人のアストラル体がこの世に残留してしまったものです。(生霊なども同じくアストラル体の事を言っています。)感情に振り回されやすい人や感情的な人は、このアストラル体のエネルギーバランスに偏りがある状態とも言えます。

 

【メンタル体・・・Mental Body】

人の精神、思考、知性、表現のエネルギーを司っている場所であり、メンタル体のエネルギーが整って機能していれば、アストラル体のエネルギーバランスも整いやすく、自分が望んでいる方向へと真っ直ぐエネルギーを集中していくことが出来るでしょう。過去生で積み上げてきた能力や才能のエネルギーもメンタル体に記憶されています。また、集合意識や集合記憶もここに記録されているようです。

 

【コーザル体・・・Causal Body】

「本来の自分」そして「神性」のエネルギーを司っている場所であり、魂が存在する場所でもあります。しかし、コーザル体は完全な世界ではなく、魂はコーザル体の中で3次元とそれ以上の次元の間を行ったり来たりしています。本当に開放された魂はコーザル体を脱し、さらに上の世界へ行きますが、輪廻転生をする魂はコーザル体に包まれて再びこの3次元に生まれて来るのです。

 

★★★このように オーラの各層は肉体(身体)に関することだけではなく、さまざまなスピリチュアルのレベルや魂の世界に通じています。また、それらにまつわるお話は今度ゆっくり書いていこうと思います。

 

今日もたくさんの応援を有難う御座います!
f:id:dolphinparty:20161017175024g:plain