読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奇跡を呼ぶ意識の魔法

目に見えない世界のこと、不思議なこと、引き寄せの法則について綴っています。

今度は波動砲を飛ばして来る人が現れた!?

Energy_psychic_attack

波動は外見の美しさや言葉ではごまかせないものなのだ。

どんどん感覚が鋭敏になって行っている今日この頃ですが、この1月のあいだに波動の感じ方が更に細かくなって来ました。私は以前から波動には敏感で、人が発する言葉やオーラから波動を感じていましたが、それでも今よりはザックリとした感覚で「ちょっと重いような感じ」だとか「軽くていい感じ」「柔らかくてふんわりした感じ」という捉え方だったと思います。最近はその人が発している波動がどのような種類のものなのか、というところまで細かく捉えるようになりました。ハッキリ言ってそんなに細かく捉える必要性が私にはあるとは思えないですし、出来る限りそのようなものは察知したくないのですが、人が発する言葉やオーラ、メールなどの文章などからも察知したり、ヒーリングなどで人の身体に触れるとハッキリ分かったりすることがあります。それがどんなに美しく丁寧な言葉や外見だったとしてもです。波動の世界では外側の見栄えなどは全く効力がありません。私が最近、人の波動からハッキリと認識しているものは、例えば「欲の強い波動」だとか「妬みの強い波動」だとか「癒やしの波動」「繊細な波動」「何かを隠そうとしている波動」などなど色々です。ネガティブな波動だからと言って自分に被ることは今のところなかったので良かったのですが、最近は投げつけてくる人を立て続けに目撃しました。両者共にジゴク霊が数体入っている人で、強烈な妬みと欲のエネルギーを発している人でした。(ジゴク霊に入られてしまうということは、その人が心の中にたくさんの妬みや欲を持っているという事なのです。)

全体的なエネルギーのデトックスは内観から

彼らの私への揺るがしといったら半端なく、以前よりもその強度も増しているように感じました。年始辺りから師匠に「もうこれ以上、水野さんにはそういった(その辺に浮遊している)霊的なものは近寄って来ないと思いますよ。」と言われましたし、昨日も「水野さんの中にはもう霊的なものとピントが合う要素を感じないんですよ。だから今後は大丈夫ですよ。」と言われたので不思議に思いましたが、近寄れない(中に入れない)からこそ、ネガティブなエネルギーを投げつけて揺るがそうとしているようです。いわゆる攻撃・・・まさにサイキック・アタックと呼ばれる類のものです。そういえば、二番弟子の方も少し前まで、可哀想なほどにたくさんの攻撃を受けてしまって、日々辛そうにしていたことがありました。このような道を目指す人にとっては、もう仕方のないもの(ついて回るもの)なのかもしれませんよね。話によれば師匠も通ってきた道らしいのですが、ある段階から暫くはこのような攻撃が続くこともあるようで、それでも揺るがないという事が大切なのです。私も「今後はトラップに気をつけて下さい」と言われました。ところで余談ですが、師匠の言うところの「ピントが合う要素が無い」というのは、エネルギーのデトックスがほぼ終わりに近づいているという事なのだと予測しますが、私としては意識の細かい部分ではまだまだ何か残っていると思っているため、自分の意識に対して(良い意味で)懐疑心を持って観察を続けています。心理学的に言ってもそうですが、心というのは自分自身ですら騙してしまうものなのですよ。本当のエネルギーのデトックスは心や意識から始まり、自分の心の中をよく観て行く作業によって成し得るものなのです。そしてデトックスがなされていくに従ってエネルギーの質が高まり、技を使いこなしていけるようになるのですが、心の中にほんの少しでも欲や執着、嫉妬、こだわりなどのエネルギーがあると真逆の方向へ向かうこともあるようです。欲や嫉妬のエネルギーが心の隅に残留していたことによって一旦は力をつけた人でも、急激にエネルギーダウンを起こしてしまっている人もいるくらいです。これらのことを考えると、今私が行っている事は本当に精神修行のようなものだと思えて仕方ありません。

笑顔で波動砲を投げつける人のカルマの大きさったら!

道を進むのはなかなか手ごわいものです。しかし、ネガティブ・エネルギーの砲弾を投げつけてきた2名の方々を、それぞれに実際に目の前で見ていて勉強になったこともありました。会話をしている最中に、その人の身体の周りに出てくる波動の種類が変化するのをハッキリと見ました。それを見て相手が笑顔でも心の中で嫉妬しているのをハッキリと感じ取ったり、対抗心を燃やしているのが判ったりしました。何ていうか、相手の心も身体もスケスケ状態ですよね(汗)そして、ある時は会話の途中で突然相手の後ろ(または横?)から波動砲が飛んでくるのを、これまたハッキリと感じる事もありました。「あれっ!?彼女、いま私に向かって何か飛ばしたね。やだ、念かしら?」と心の中で思ったのですが、念とも言えるようなネガティブな妬みの波動でした。ある人は私に対して強烈な波動砲を2回投げつけて来ましたし、もうある人は継続的に何度も波動砲を投げつけて来ました。それも「すまし顔」や「笑顔」でですよ!どちらかと言うと、継続的に投げ続けて来た人の波動砲の方がまだ軽かったように思えます。しかし、どちらにしてもそのようなものを人に対して投げつけるというのは、とんでもない大きなカルマとなり、必ず投げた人のところへ戻って来ますのでご注意を。このようなカルマは間違っても幸福なものとしては戻って来ません。それとは真逆のものとして戻って来てその人をつらい状況に陥らせたりします。人々は何に対して執着をしたり、嫉妬したり、欲を出したりしているのでしょうか?それさえなければ、人に対して優しく親切に思いやりを持って接することが出来るはずなのに、何がそうさせてしまうのでしょうね。それはけして表面的なことではなく、心の奥深い部分に横たわっているものがそうさせているのだと思います。何にしても、心を見つめていくというのは消して無駄にはなりません。日々の生活、人生、魂の進化にとっても、大きな糧となることでしょう。

 

今日もたくさんの応援を有難う御座います! 
f:id:dolphinparty:20161017175024g:plain