読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奇跡を呼ぶ意識の魔法

目に見えない世界のこと、不思議なこと、引き寄せの法則について綴っています。

膨らむ、育つ、意識のエネルギー

f:id:dolphinparty:20170202184637j:plain

単に意識が向くのと波動砲は質が違うのだ

前回の話はこちらです↓

www.dolphinparty.jp

前回は波動砲が飛んできた話を書きましたが、波動砲とは私が勝手に呼んでいるだけであって、要するにサイキック・アタックや、念飛ばし、気や意識を飛ばすというような類のものです。しかし、ちょっと意識が飛んで来たという程度のものではなく、本当に害を被ってしまいかねないほど強烈なエネルギーの事を指して「波動砲」と言っています。私は大抵の場合、波動砲を飛ばした相手が誰かというところまで判ります。自分のオーラの周りに飛ばした人の顔が浮かんで見えるのです。私と同じように波動に敏感な友人や、私の師匠に訊ねると、私が指摘したことと全く同じ答えが返って来ることが多いです。波動砲とまでは行かなくとも、私に意識を向けている人の顔も普通に浮かんで見えてくる事は日常茶飯事で、例えばお客様が私のセッションを予約をしようと考えていた時、私のほうにはその予約のメールを頂く前にお客様の顔が浮かんで見えてくるのです。これは今の仕事をする随分と昔からそうでした。今では私はこの感覚を100%信じるまでに至りました。その話をふとお客様にすると「すみません!うっかりエネルギーを飛ばしてしまったみたいで・・・」とおっしゃいますが、この場合のエネルギーと私の言うところの「波動砲」は全く別物と言っていいほど、エネルギーの質と量が異なります。予約の時に私の方に意識が飛んで来るのは全く問題ありませんのでご心配なく。

嫉妬や欲望や攻撃の心が念を練り上げる?

霊に関する対応のようなものや、耐性(慣れ)のための学びというのでしょうか?それらが一段落したような感じがあり、今はそれとはまた異なるエネルギーに対応していくための学びが始まっている感じがしております。それは先日書いた「念」という波動についての学び(対応や耐性、回避法)だと思うのですが、霊よりもこちらのほうが厄介なエネルギーだと思います。念を飛ばされた人というのは、波動に敏感ではなかったとしても何らかの影響を受けてしまいます。ことに敏感な人の場合は、尚更つらさを感じてしまうかもしれませんね。一般的に念を飛ばされやすいのは、他者から羨ましがられる人が一番多いように見受けられますが、その他にも、ライバル視されたり、好意を寄せられたり、または嫌悪感を持たれてしまった場合などにも飛ばされてしまう可能性があります。ということで、間違っても自分の成功や才能やラッキーなことをひけらかす気持ちでアピールしたり、不必要に他者を煽ったり、攻撃したり、何らかの嫌悪感などを持たれぬように振る舞うことも、ある意味大切なことです。とは言っても、念を飛ばす人というのは、特定の人に限らず誰彼構わず無意識に飛ばしてしまうようなのです。念を飛ばす人というのは、その殆どが強烈で低級な霊的存在と繋がっていたり、たくさん憑依されていたりするようですので、人への思いやりや気遣いというものよりも、自分の利益や欲望を叶えることを優先させ、無理やり自分のエゴを通そうとして人に念を飛ばしてしまうのです。それは例えば、道を歩いている時に自分が先に行きたい、または、単に自分の前を歩いている人が目障りだからと言って、前を歩いている人に対して「どけよ、オラッ!!」と不必要に威嚇したり、人を突き飛ばしたりするようなものとよく似ています。単に「あの人、なんか気に入らないわ」というだけで念を飛ばす人もいますからね。まあ、念を飛ばすようになるということは、嫉妬、欲望、攻撃などのネガティブな心が膨らみ、育ってしまった(高じた)結果です。ということで、念を飛ばす人はその人自身が心を改めなくてはどうにもなりませんし、そのまま気づかずに時間を過ごしていけば、さらなるカルマを積んでしまいかねません。そこまで来てしまうと取り返しの付かないことになってしまいますので、自分の心の穢れや嫌な部分を直視すのは辛くて逃げ出したくなるようなことかもしれませんが、早めにそのようなところにも目を向け、心をクリアーにしておいたほうが良いと思うのです。

 

今日もたくさんの応援を有難う御座います!
f:id:dolphinparty:20161017175024g:plain