その次の世界へ 魂の旅

魂の探求、霊性を高めること、スピリチュアル全般について綴っています。

未来に関するご質問の答えを考察してみるの巻

f:id:dolphinparty:20161110183451p:plain

試練つきの未来は「It'll be all right」

ところで、セッションで時々、ご自身の未来についてご質問をなさるお客様がいらっしゃいますが、この答えをお客様のオーラからキャッチする時の見え方がちょっと興味深いです。例えば「仕事で次に ”これこれこういうもの” を私が受け持つことになるのですが、ちょっと自信がないのです。私、その仕事をちゃんと上手くこなせますか?その仕事に対してどのようにして臨めば良いですか?」というご質問を受けたとします。結構多くの方々がこのような内容でご質問をされます。やっぱり自信がない状態だと何事も不安になってしまうものですからね。で、この例のようなご質問に対する答えは大抵の場合、とりわけ大きな問題が無いような答えが見えてくることが多いのです。そのことに最近気づいた私は「これってなんでなのかな?」と素朴な疑問を持ってしまったのですが、その仕事が回ってくるというのは、大抵はそのご本人様がちゃんと遂行できる内容だからなのだと思いました。ちょっと難しいような感じだたとしても、それがちょっとした試練となり、その試練によって鍛えられ、さらにグレードアップしていくという事があったりします。しかし、そのような試練つきの未来だったとしても、やはりご本人様が試練を乗り超えてグレードアップ出来るからこそ、その仕事が回ってくるのだと思われます。全体的に、例のようなご質問に対する答えは、大抵は「大丈夫である」というものが多いですね。

「NO」の答えが返って来た時は「行う価値ナシ!?」

そして、お次は「私、”これこれこういう内容のビジネス” をやろうと思うのですが、自分に合っていますか?上手く行きますか?」または「上手く行かせるためにはどうしたら良いでしょうか?」というご質問について。このようなご質問に対する答えはハッキリと分かれる事が多いですね。スムーズに行く場合や概ねOKは何かしら見えるのですが、上手く行かない場合や向いていない場合は全く何も見えてきません。見える見えない、打てば響くというのが「OK」「概ねOK」「試練があるけど大丈夫」というような答えが返ってくる状態だとしたら、「上手く行かない」「向いていない」という場合は、打っても響くどころか何の音もしない、掠る音すらしない、という感じなのです。この場合は、良いも悪いも試練すらもない状態、つまり行うに値しないということなのだと思います。「そこにエネルギーを割くくらいならば他のことをした方が良いですよ!」という事なのではないかと思います。確かに物事にはそのような事があると思います。多少の試練があったとしても、行く先は、試練がその人のエネルギー的な糧に変わる事も多いので、試練つきの物事には価値があるとも言えるのかもしれません。が今までにも実際に、このような結果が出たので、当初は業績がイマイチだった事業や、やろうとしていた事を方向転換させて上手く行ったお客様が何人かいらっしゃいました。このような所に、先ほど書いた「ご質問内容とその答え」に関する違いがあるのが興味深いと思います。これとは別に、恋愛や結婚相手のことで訊ねられる質問内容についても、返ってくる答えの見え方を考察する余地がありそうです。それをここで書いてしまうと長くなりそうなので、また別の記事として書きます。 

 

 
今日もたくさんの応援を有難う御座います!
20170302214307
f:id:dolphinparty:20170829151702g:plain