その次の世界へ 魂の旅

魂の探求、普段は目に見えない世界のこと、スピリチュアル全般について綴っています。

ハイヤーセルフが何も答えてくれない時

higherself-inspiration-spiritual

6年前にお伝えした場所へ

先日は6年ぶりにロンドンから帰国されたお客様とのスカイプセッション(サイキックリーディング)で、なるほど!と思った事がありました。お申し込みフォームの住所が東京都23区内になっていたので、そのお客様の帰国をハッキリと確認したのですが、それが某区(仮にZ区としておきましょうか)だったので、私は6年前のことをふと思い出しました。その日のセッションでは幾つかのテーマがありましたが、セッションの最後のほうに家の引っ越しについてのご質問を受けました。今の家から引っ越しをしようか考えているのだけど、その時期が今かどうか?また、場所はどこが良いか?という内容だったのですが、セッション日の前日にそのことについて既に私にメッセージが降りて来ていたのです。お客様のハイヤーセルフが私に伝えて来たのでしょう。私はそのメッセージを受けて「ああ、このお客様は、もう、日本でしっかりと根を下ろす時期に来ているのだな。」と思いました。それは、そのお客様が家を買うタイミングが今である事を告げるメッセージだったのです。そして私は、6年前にもこちらのお客様から「どこへ引っ越しをしたらいいか?」とご相談を受けていたことを思い出しました。当時、お客様はX区に住んでいらっしゃいましたが、その時私がお伝えしたのは「○○さんは、Z区との波長が合っているように見えます。」という事でした。当時はX区のほうが職場に近いという事で、Z区に住むという事を考えられないご様子でしたが、帰国されてから意識せずともZ区に住んでいらっしゃったのでした。しかし、お客様はそのことをハッキリとは覚えてはいらっしゃらなかったご様子です。さらに、実際にZ区に住んでみたら嫌じゃなかったということで、何となくZ区内の物件を探し始めたところだということでした。お引っ越しのご質問を受けて最初に私がオーラを拝見させて頂いた時にも、やはり「波長が合う場所はZ区」と出ていましたので、そのことをお伝えした上で、ふと思い出した6年前の事をお話しさせて頂きました。また、こちらのお客様は、おそらくご自分のハイヤーセルフからの啓示を、ご自分でも気づかないうちに日々受けていらして、今回ご自分に合っている場所へと導かれていたのでしょう。また、このお客様は私のハイヤーセルフとしっかりとも繋がりやすいのではないかと思われます。何度もセッションをお受け下さり、その分エネルギーが繋がりやすくなっていたり、繋がりが強化されているということもあると思いますし、とても信頼して下さっていらっしゃるためか、異なるテーマについてもハッキリと見せてもらう事が出来ておりますし、ハイヤーセルフからのメッセージも毎度毎度ハッキリと来ます。

3次元の定義は高次元には適用されない?

ところで、ハイヤーセルフに尋ねれば何でもかんでも答えてくれるという訳ではないようです。大抵の場合、私の方から情報をキャッチしに行くという形ではなく、例えば何か質問を投げかけたとしても、そうでなかったとしても、ハイヤーセルフのほうから自然的に降って来る情報をキャッチするという形なのですが、時折質問の内容によっては答えが返って来ないこともあるのです。この場合は少し間を置いて何度同じ質問を投げかけたとしても返って来ない場合が殆どです。これは多くのサイキックが共通して言っている事でもあるのですが、その質問の答え自体が3次元レベルのその人にとって意味が無い事だったり、本来の意味で不必要な事だったり、何らかの形で道を踏み外す可能性を含んでいたりするのでしょう。また、結果的にその事を知ることによってネガティブな要素(欲など)を助長してしまう可能性があるものについては高い確率で返って来ません。ハイヤーセルフは3次元の本人のことを本当によく見ているので、心の奥のエネルギーまでも読み取っていると思われます。例えば、恋愛相手が自分と一緒にいて幸せかどうかということを尋ねたとしても、もしもその質問の本意が、相手に対する思いやりから出ているものでなければ、きっとハイヤーセルフも答えてはくれないでしょう。この質問には、本当に相手の幸せを願って尋ねているというよりは、相手が幸せを感じているということが分かることで、自分は愛されていることが分かるという意識が隠れていることが多いからです。また、幸せという定義の範囲が人によってかなり幅があり、全く質が異なっていることも多いため、ハッキリとした答えは望めないでしょう。また、高次元においては「幸せって何!?」というレベルになっていると思われます。私たちが普段定義している「幸せ」というものは、高次元には存在していないと思われます。そしてこれは、相手が自分を愛しているかどうか?という質問においても同じことが言えるでしょう。また、質問する人のタイミングや、その人の学びのためにハイヤーセルフが情報を見せてくれない、質問に答えてくれないということはよくあることです。そのような時は、それもハイヤーセルフの取り計らいだと思って、そのもの事にこだわったり、考えることをいったん止めてみてはいかがでしょうか。

いつでもそばにいるよ

セッションでは頻繁にそのお客様のハイヤーセルフが何かを言って来たりしますが、それはとても淡々としたもので、煌びやかなエネルギーや、良い言葉や美しい言葉ばかりを延々と言って来たりということはありません。ともすると人々はそのような美しさや煌びやかさに心を惹きつけられ、陶酔し、その虜になってしまいがちだったりするかもしれませんが、見えない世界の仕組みは私たちが簡単に把握出来るようなものではないため、ちょっとだけ注意が必要でもあります。しかしながら、自分のハイヤーセルフとしっかりと繋がっていると、意識せずとも自然的に自分の一番良い状態へと導かれていたりします。この記事の最初の方に書かせて頂いたお客様もきっとそうだったのでしょう。みなさんはいつでもハイヤーセルフと一緒に過ごしています。一番の味方がそばにいるのです。そう思いながら毎日を過ごして行くことを私はお勧め致します。

 
今日もたくさんの応援を有難う御座います!
20170302214307
f:id:dolphinparty:20170829151702g:plain