その次の世界へ 魂の旅

魂の探求、霊性を高めること、スピリチュアル全般について綴っています。

腎臓の気を高めて良いこといっぱい!

f:id:dolphinparty:20170323162924p:plain

意外と疲れがちな腎臓くん

最近、身体のケアに関するヒーリングを行っていて、人の臓器の「気」をダイレクトに感じることがよくあります。どの臓器もとても重要で大切なものですが、とりわけたくさんの気を発しているのは胃と腸と腎臓のように思えます。たくさんの気を発しているという表現は大雑把な言い方ですが、それはつまり身体と心、オーラなどに大きな影響を与えている臓器のように思えるということです。御存知の通り、胃腸は食べ物を消化する場所であり、この臓器は本当に毎日毎日頑張っていると感じます。そして腎臓は浄水器のような役割をしていて、血液中の不要なものを濾過するために頑張っています。そのため、胃腸よりも腎臓のほうがより一層滞りや疲れが蓄積されやすいようです。メンタルのことを絡めてお伝えすると、数ある臓器の中でも、特に胃と腸と腎臓はどれもストレスや緊張、抑圧に弱いようですね。私は臓器をエネルギーで見ていますが(臓器のエネルギーを感知して見ている)この3つの臓器のエネルギーが弱っている人は非常に多いように見受けられます。特に腎臓は、先ほどお伝えしたように、不要なものを濾過する機能ゆえに、ちょっとしたことにより疲れや滞りも生じやすく、そこにさらにストレスがかかってしまった場合、腎臓のエネルギーが弱くなるもの当然のことではないでしょうか。今回は特に腎臓について少し書いてみたいと思いますが、腎臓を単なる身体の中の臓器として見るのではなく、それが発しているエネルギーから、あらゆる物事やスピリチュアルな観点からも見てみたいと思います。(この1回の記事の中では書ききれませんが・・・)

腎臓のエネルギーは一生モノ!?

ハッキリ言って、腎臓(胃腸もですが)を癒やしていつでもエネルギー(気)を満タンにしておくとあらゆる物事が上手くいく!!と思っています。と、まあ、これはかなり直接的で乱暴な言い方ですが、巡り巡って結果的にそうなるということを言いたいのです。腎臓が発しているエネルギーは私たちの身体のあらゆる面に影響を与えます。例えば、活動するための力を与えたり、身体のあらゆる部位(脳や骨や髪や爪、肌、細胞全体、体液や栄養の循環、その他)に潤いと精気を与えたり、身体を温めたり、子宝を授かることに関してもこの「腎臓のエネルギー」が深く関係しているのです。まずは活力を与えるというところだけを見ても、人生のあらゆる物事に取り組んだり、楽しんだりする力を与えると言っても良いのではないかと思います。活力がなければ楽しむどころか、やりたいと思ったことも出来ませんのでね。ところで、この腎臓のエネルギー量というのは、生まれた時に決まってしまうという事をご存知ですか?そして、このエネルギーは、生まれてくる前に胎児としてお腹の中にいる時に母親からもらうのだそうです。そのため、母親が妊娠中に「妊娠に関係している症状以外の余計なストレス」を受けてしまった場合、その分だけお腹の中の子供に与える腎臓のエネルギーが減ってしまうのです。また、この時に子供が母親から与えられた腎臓のエネルギーは一生分です。この時に決まってしまうのです。腎臓のエネルギーを多く貰えていれば何も問題はありませんが、少なかった場合、子供はそのエネルギーの範囲内でやりくりしなくてはなりません。なので、妊娠中は余計なストレスに晒されないように、出来る限りゆったりと幸せを感じられるような時間をお過ごしになったほうが良いのです。

心と解き放つ鍵のひとつ

ここから先は既存の理論ではなく、私がヒーリングの中で実際に人々の身体を通じてエネルギーに触れて来た体験を基に書きますが、臓器の中でも特に腎臓は胃腸とともにメンタルと密に通じているように感じています。そのメンタルとは、楽しむことや大らかで楽観的でいること、行動力、安心感、安定感、明るさ、自分を信じる心、恐怖心、不安、心配、落ち着きの無さ、警戒心、抑圧などです。もしかしたらまだあるかもしれませんが、今のところ様々な人々の胃腸や腎臓から感じたメンタルのエネルギーはこのようなものでした。ポジティブなものを見ればご理解頂けるかもしれませんが、これらのエネルギーには物事を動かしたり、願いを叶えたり、引き寄せる力があると思いませんか?これらを実現させるためには、明るい心で自分を信じ、それは必ず叶うんだという安心感を持ち、楽観的でいること。そしていざという時の行動力が必要であると思います。逆に言えば、叶うかどうか心配していたり、叶うわけがないと疑ったり、ある時は「叶うかも!」と真っ直ぐに思えたのに、次の瞬間には「やっぱり叶わないかも」と落ち込んでみたりするのは安定感に欠けます。また、腎臓と胃腸が弱っていた人の多くは、不安や心配、強い緊張感、恐怖心、抑圧、警戒心が強いようでした。食べ過ぎなどもこれらの要素が強い場合に、無意識からやってしまう行動のひとつかと思われますのでね・・・。このようなネガティブな状態から心を解き放つのも、腎臓のエネルギーを高めるための一つの方法ですが、その逆からのアプローチとして、腎臓を癒し、浄化してエネルギーを高めることで心が解き放たれることもあると思います。途中ですが、ちょっと長くなりそうなので、また続きは別の時にでも!

 

 
今日もたくさんの応援を有難う御座います!
20170302214307
f:id:dolphinparty:20170829151702g:plain