その次の世界へ 魂の旅

魂の探求、霊性を高めること、スピリチュアル全般について綴っています。

我が我を強めるやり方とは?

law-of-attraction-wishlist
★お願い★
こちらは御本人様ご了承済みにてお知らせ致しております。レゾナンス・ワーク(ヒーリング)のセッションにおきまして、リーディングに関するいかなるご質問(未来や過去生、人物、状況、場所、家、その他)も受け付けておりません。何かリーディング希望のご質問がある場合は通常のセッションを御予約頂けますようお願い申し上げます。また、お客様のハイヤーセルフのほうから何かメッセージを言ってくることがありますが、その場合のみこちらからお伝えしております。私の側からハイヤーセルフからのメッセージを聞き取りにオーラにアクセスするというサービスはレゾナンス・ワークには含まれておりませんので予めご了承下さいませ(^^)いつもみなさまのご協力に感謝しております。

目先の物事が叶わない事より悲しい事

以前書いた引き寄せの法則的な手法について私が書いた内容は「何でも欲しい物を手に入れることが出来る」と胸に希望を抱いていた人々にとっては「なーんだ、欲しい物や願いを叶えるのってNGなんだ・・・?」なんて思ってしまいかねないようなものだったかもしれません。確かに引き寄せの法則的な手法をむやみやたらに使い続けてしまうと次第に「我」を強めてしまい、精神的に、あるいは魂という部分において、ある一定の場所から先へ進むことが難しくなってしまうことがあるようです。人は根本的に精神的に成長をし続けたいと願う生き物だと思うのですが、長い目で見れば、それが叶わないことのほうが、目先のものごとが叶わないことよりも実はつらいのではないかと予想します。

引き寄せ系の関連記事↓

www.dolphinparty.jp

www.dolphinparty.jp

手に入れたければどうぞ

しかしながら、何もかも願ってはいけないというわけではないのです。適切であれば願ってもOKだと思いますし、願った通りにちゃんと叶うものなのです。引き寄せ系 2つ前の記事でも少し書いたように、その願いがどこから出て来ていのるか?というところがポイントなのです。 とある願い事が観念から来ている場合は我を強めてしまうと書きましたが、観念以外にも恐怖心や嫉妬心、その他のネガティブな意識から来ている願いについて引き寄せの法則的な手法を使って行った場合、多かれ少なかれ我を強めてしまう可能性があります。ところで、きっと多くのブロガーや自己啓発系の作家たちがこんなことは書いていないと思います。この手の話には華やかさや希望のようなものがありませんし、つまらないと思う人の方が多いと思います。多くの人々は分かりやすくてワクワクキラキラした希望を持てるようなものに魅力を感じる心理を持っていることと思いますので(これぞ人間の性「さが」というもの)そのような記事を書いたほうが人気が高まることは間違いありません。でも私は書きます(笑)話を元に戻しますが、ネガティブな意識から出て来た願いというもので例えば「あの人よりも上の位置に居たい」というようなことがあったとします。その内容は家や車などの所有物や状況、交友関係やスキルなど色々なものがあると思いますが、この場合は明らかに我を強めてしまうと思われますし、なかなか叶わなかったりもしますが、時々はニアミス程度に叶いかけることもあるようです。ニアミス程度というのは、すんなり手には入らないけれども、あと一歩手を伸ばせば何とか手に入りそうだ!という感じです。ここで無理矢理にでも手に入れたならば、我のポイントが増えてしまうでしょう。

我がさらに我を強める!?

「ポルシェを手に入れたい」それは何故?「それは、友人の何人かが乗り回していて自分も手に入れたいと思うから」「それは、自分にはパワーがあるということを示したいから(要するに良く見られたい)」というような感じの理由だと多分NGです。これは何かの観念から来ている場合が多いです。でも、実はNGを下す人なんて誰もいません。宇宙も何も言いません。好きなだけやっていればいいのです。しかし、記録としての「我のクレジット」が心の奥にこっそり積み上げられていたりするのです。それを私達は頭で認識するより先に心で認識し始めます。一旦そのような形で我からの願いを叶えてしまうと、心がどんどんそちらの方へ向かい始めます。やればやるほど我を強める方向へと加速して行き、どんどん心から穏やかさが失われていきます。我は穏やかさとは程遠い場所に位置するものであり、不安や恐怖、その他のネガティブな意識に次第に繋がり始めます。では、同じく「ポルシェが欲しい」という場合でも、このような場合はどうでしょうか?「私はポルシェのブレーキの効き方に心から惚れてしまった。どんなに飛ばしてもブレーキを踏むとキュッと完璧な状態で止まるんだ。そんな車とどこへでも一緒に行きたい!」ポルシェじゃなくても例えば「コルベットのあの流線型のフォルムはなんて美しいんだ!本当に本当に素敵なデザインの車だと思う」というような、その人特有の感性から発せられた願いの場合、我のクレジットは積み上げられずに済むかもしれません。心の奥から本当に願っているものや、真の喜びと共に在るものについてはOKかと思われます。真の喜びと束の間の喜びはエネルギーが異なります。観念や不安や恐怖、嫉妬その他のネガティブな意識から来ているものを手に入れたとしても、喜びはほんの一瞬で消えゆき、さらに次のターゲットを手に入れたくなって来ます。何故なら我が強まるからです。観念や不安、恐怖や嫉妬などのネガティブな意識というのは、我から来ているものなのです。我から出て来た願いというものは我欲の強いものですし、それを何とかして叶えたならば、さらに我(我欲)が強まるのは当然のことです。今日はそんなお話でしたが、またいつか纏まった時間があるときにでも書きます。 ★引き寄せの法則系に関する個人セッション「スピリチュアル・コーチング」もございます。

 
今日もたくさんの応援を有難う御座います!
20170302214307
f:id:dolphinparty:20170829151702g:plain