その次の世界へ 魂の旅

魂の探求、普段は目に見えない世界のこと、スピリチュアル全般について綴っています。

それは秘密にしておきましょう

f:id:dolphinparty:20180112213145j:plain

★お知らせです★
HPでレゾナンスワークのメニューの一部を少しだけ移動させました。どうぞよろしくお願い致します。

案外強いぞ!他人の想念の影響

時にはこんな用心深さが必要な時もあるかもしれません。何か願いを叶えたいものがある時、または何か物事がうまく運びそうな予感がある時、何かを成し遂げる途中段階にいる時、本当に信頼出来る人以外にそのお話をしないほうが良い場合もあります。自分で言うのもナンですが、私は結構意志が固い方なので、こうと決めたら誰が何を言おうが絶対に成し遂げるという傾向があります。それでも、これまでに人に話した事と、自分の内に秘めていた事では、叶う度合いや速度が少しばかり異なっていたと感じる事が多少ありました。まあ、努力不足ですと言われれば仕方ありませんが、エネルギーの流れが見えたりすると「見えないところでは行動力や努力以外の要素も関係している」ということは否定出来ません。人の言葉や想いには、私たちが思っている以上にパワーがありますので、他人に自分の叶えたい事を話し、それを聞いた人の想いによってエネルギーの行方が左右されてしまう事も実はあると思います。これは、今まで人々のさまざまな人間関係などを見ていて思ったことです。

あなたの願いの風船、大切に

知人同士で何人かが集まって話をしている時、誰かが話した事に対して、言葉や態度には出さずにいるのにも関わらず、それぞれの人々の周りに、特定のエネルギーがふわっと出て来るのが見て取れることがあります。そのエネルギーは何でも無いものもあれば、嫉妬のような強めのエネルギーが出たりすることもあるのですが、その想いのエネルギー(想念)が強ければ、簡単に人のオーラにくっついてしまう事もあります。何かを引き寄せたり、願いが叶ったりするのはオーラの情報によるものが大きいです。そこへ他人のエネルギーが貼りついてしまえば、叶うはずのものが叶わずして終わってしまうなんていうこともあると思いますし、実際に過去にそのような事を見たことがありました。また、嫉妬からか、心に蓄積させている不満からか、人の願いが叶わないように想念のエネルギーで邪魔しようとする人というのも何人か見かけたことがありました。もちろん、そのような想念のエネルギーを向けて来る人がどうであれ、それに負けずに自分のエネルギーの方を強くしっかりと持つことは大切なことではありますが、一番良いのは口外せずに自分の胸の内にしまっておく事かもしれません。自分の願いが風船だとしたら、そこに良からぬ想念という針を刺されてパーーン!!!と願いの風船を割られてしまうのを防ぐ事だって出来るのです。

風船を押し上げてくれる人と割る人

その逆に、確実に応援してくれることが分かっている人に話すのは良いかもしれません。実際にそのような応援のエネルギーをたくさん持っている人というのもいますのでね。そのような人に話して、願いの風船がさらに叶うレベルまで押し上げてもらえるといいですよね。そのような人の特徴のひとつを挙げれば、例えば、物事にこだわりが無かったりします。(この場合のこだわりとは、クリエイティブなレベルでのこだわりというのとは全くの別物です。芸術家肌の人やクリエイティブな才能を持つ人にはこだわりを持っている人も多いと思いますのでね。)また、あなたに対して決めつけたりする姿勢なども無いでしょうし、何よりもその人自身が軽やかに色々と叶えていたりするでしょう。その一方で、他者の願いの風船を割ろうとする人というのは、自分の立ち位置が他人よりも上か下かというところにものすごくこだわっていたり、他人の事ばかりを気にしていたりします。また、常に不満があり、愚痴も多かったりします。これは見た目の良さや、お金持ちだとか、学歴が高いだとか、大手の会社に勤めているなどという、表面的なものには全く関係ありません。また、おつきあいが長い友人の中にも、このような性質を持っている人がいたりしがちのようです。色々な人々のケースを見ていると結構そのようなパターンも多かったです。その事を踏まえると、色々な人のお話をお伺いしている限りでは、一般的に見極めが難しいようですので、やっぱり口外せずに自分の胸の内に秘めておく事が無難かもしれませんね。しかし、本当に応援のエネルギーを分け与えてくれる人というのも、案外自分の身近にいたりするものですよ。私の場合は身近に3人ほどいます。お互いに尊重し合い、敬愛の念を持ちながらのお付き合いです。そのような人たちとのお付き合いを大切にして行きたいものですね。

 
今日もたくさんの応援を有難う御座います!
20170302214307
f:id:dolphinparty:20170829151702g:plain