その次の世界へ 魂の旅

魂の探求、普段は目に見えない世界のこと、スピリチュアル全般について綴っています。

それは天使ではなく邪気なのだ

nagativeenergy-healing-spiritual

お客様は見た!

いつもありがとうございます。時々、HPのお知らせ欄に変更事項などを書いておりますので、もしもセッションのご予約をなさる場合はチラ見して頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願い致します。

 

先日はお越しになったお客様のレゾナンスワークのセッションでは身体に関するエネルギーフィールドを浄化していったのですが、ワークの中頃に差し掛かるあたりで、お客様の身体から青い光が出て行くのが見えました。少なくとも直径5cmはあったと思います。この青い光は邪気なのですが、5cmくらいのものですと結構なエネルギー量の邪気です。人のアストラル体に霊が憑依している時にもこれと同じくらいの大きさの青い光がオーラの中に見えることがあります。以前も書いたかもしれませんが、邪気にも色々な類いのものがあって、アストラル体のみならず身体を司るエネルギーフィールドにも入り込んでしまうものもあるようです。これを4次元レベルで観るならば「霊」や「憑依」ということになりますが、そこに焦点を合わせても波動が落ちるだけなので、私は「単なる邪気」のひとつとして扱うようにしています。何度もこちらのワークをお受けになっていらっしゃる方々の中には、5cm以上の大きさの青い光(邪気)が出て行くのも最近よく見かけるようになって来ました。1mm程度の小さい光であれば霊とまでいかないような弱いエネルギーの邪気なので、セッション中にかなり頻繁にお客様の身体から出て行くのを見ます。ところで、このセッション中のことですが、ワーク終了後にお客様に身体から青い光(邪気)が出て行った旨をお伝えしたところ「私もサファイア色の光が上にあがって行くのが見えました!」とおっしゃっていましたが、私がいつも見ている青い光もまさにサファイアのような色をしています。私が見ているものと同じものを肉眼で見たお客様は初めてでしたので、とても興味深いと思いました。

周りにいるのと中に入るのと、

最近、ある知人の女性がバリ島に行って来たのですが、バリに行く前はオーラに何も無かったのに、帰って来たらオーラの周りにたくさんの青い光がくっついていました。帰国後は金縛りになったり、体調がすぐれなかったり、そしてちょっとした怪現象なども起きていたようです。何か霊的な影響が大きい場所へ行った時などもオーラの周りにくっついている青い邪気の光が見えることがあります。オーラの周りについているのは憑依ではありません。しかし、周りにいるだけでも人は知らない内に影響を受けています。敏感な人であれば余計に体感することと思われます。敏感ではない方でも、自分では意識せずともいつもと違う自分になっていたりするのです。攻撃的になったり、人に対して失礼な態度を取ったり、ネガティブになったり等、いずれにしてもあまり良い傾向ではありませんね。

身体・エーテルの領域から

何回かレゾナンスワークをお受けになっていらっしゃると、このような強めの邪気もこちらが意図せずとも勝手に出て行くことが今までにも何度もありました。邪気は1つのみならず幾つもついていたりするので、実際はそのうちの1個が身体から出て行ったのか、はたまた幾つかまとめて出て行ったのかは分かりませんが、ワークを行う側としては4次元と関わらずとも勝手に出て行ってくれるのはありがたいことですね。ただ、これまでに強めの邪気が出て行ったのは、いずれの場合もボディーのコースをお受けになったお客様の場合であり、身体のエネルギーフィールド(エーテル体)から出て行ったのがほとんどでしたので、マインドに関わっているエネルギーフィールドである「アストラル体」の中に入っている邪気に関しては別かもしれません。その場合はご本人の意識のエネルギーをとことん変えて行かないとならない可能性が高いと思います。ちなみに、アストラル体よりも、身体のエネルギーフィールドについている事のほうが本当に多いです。ということで本日もこころ健やかに、ともに波動を高めて参りましょう!

 
今日もたくさんの応援を有難う御座います!
20170302214307
f:id:dolphinparty:20170829151702g:plain