その次の世界へ 魂の旅

魂の探求、霊性を高めること、スピリチュアル全般について綴っています。

積み重ねの毎日、その結果

occlut-purification-spirit

日々精進あるのみ

少し前に力のあるサイキックから念を飛ばされているという事を書いたかもしれませんが、念の飛び方は少しだけ落ち着いて来たように思えます。2週間ほど前に私のハイヤーセルフから「もう暫くしたら念のパワーが弱まってくる」というメッセージを受け取っておりまして、同じく念を飛ばされまくっている友人にもそれを伝えておりました。「ほんと!?早くそうなる事を願っているよ。もう本当につらい!」とその友人は言っていました。しかし、よく考えてみれば、生きている人が念を飛ばすという事がどのような事であるか?それは生体エネルギーを異常な速さで使い果たしてしまう事にも繋がりますので、パワーが弱まって来たとしても当然の事だなぁ・・・などと、ハイヤーセルフからのメッセージを受け取った後にふと思ったのでした。念は飛ばしている本人が弱って来たりするものだと思います。念は感情エネルギーのかなり強烈なものであり、ものすごいエネルギー量を浪費しているのと同じ事ですので、生体エネルギーが減ってしまっても不思議ではありませんし、肉体のほうまでも弱って来てしまうのだと思われます。しかし、この事によって私は毎日自分への浄化だけでも10〜15回以上行い、それ以外にも浄化を一日あたり何十回(多分40〜50回くらい)も行っていたため、特殊なモノを払い除ける技も自然と身に付いて来ました。何よりも「本当に除去出来るものなのだなぁ」と心から思えるようになって参りました。この場合の浄化というのは通常の浄化とは質が異なり、いわゆる霊的なものの類い(念も霊までとは行かなくても、通常のネガティブなエネルギーとは異なる質のものですのでね)を浄化するということですので、最初はちょっと「う〜ん、私にそれが出来るものかな〜?」という感覚もありました。しかし、念をぶつけられているのではなく、単にヘンな霊的存在が友人、知人、家族、親戚などに寄って来てしまった時などに、あれやこれや試行錯誤しながら除去を試してみた結果、オーラの周りに寄って来たものと、人から受けた念についてはきちんと除去する事が出来るようになりました。もう本当に本当に、これでもか!というほど、その「やり方」を模索しました。そういえば、とあるお客様が4月末に私のセッションにお越しになった時に、ノリで「4ヶ月後に除霊出来るようになっているような気がします〜♪」なんて仰っていて、私はその時に「え〜、幾らなんでもそれは無いですよ〜」などと言っておりましたが、あれから5ヶ月が経ちましたので、1ヶ月違いではありつつも、そのお客様が言っていた通りになりつつあります。自分でもまさかそんな事が出来るようになるとは思っていなかったのでビックリです!しかしながら、オーラのアストラル体に入り込んでしまったもの(いわゆるガチな憑依で何十体も入り込んでいるようなもの)のみについては除去した回数が無いに等しいので、こればかりはちょっと未だ分かりません。生霊に関しては除去出来ていますので、それが出来ていれば死んでいる人のは除去出来るものだと思いますが、今のところオーラの中ではなく、周りに寄って来てしまった死んでいる人の存在と生霊、念を除去する事と、オーラの中に入り込んでしまった生霊と念を除去する事は成功出来ています。でも、除霊などと言いたくはありません。4次元とは出来るだけ関わりをもちたくありませんので、私の言い方としては単なる異質なエネルギーの「除去」です。とりあえず、今回の事はまったく以て超試練でしたよ。でも、お陰で強くなりました(自分でこう言うしかありません・笑)

こういう流れだったのかな?・・・と

以前から私とお付き合い下さっているお客様の中には、私は霊やその手の世界が大嫌いである事をご存知の方もいらっしゃることと思います。子供の頃からその手のものが普通に見えていたために、色々な超常現象を体験しましたし、なんだか自分の手に負えない世界なのだと思っていたのです。そのため、その手のものを怖がっていました。つい2年前までそうでした。散々そのようなものを見ていれば慣れてしまって怖さも感じないだろうと思うかもしれませんが、小学生の頃には自分の知らない間に気づいたら場所を移動させられていた事があったためだと思います。ちょっと夢遊病と似ていますね。でも、夢遊病などではありませんでしたし、何かメンタルに支障を来していたわけでもありません。今でも小学校以降の学生時代の友人たちと仲良くしているため、その頃の私を知っている人も大勢います。まあ、とにかく、今回とても強い力を持つサイキックセラピストに、オーラに向かって念をガンガン飛ばされるという経験をして、自分のスキルや軸を鍛えるほか無くなってしまいました。私が望んだ事ではなかったのですが、結局これも何かの流れなのだなと思うしかありませんよね。

これまでずっと嫌って来た私の能力

そこで初めて「私はこのスキルを持っていて本当に良かった」と思う事が出来たものがありました。それこそ「霊的存在がそこにいることを認識出来る事」と「念と霊的存在の区別がついて、それを肉眼で見ることが出来る事」「自分に異質なエネルギーを肉眼と体感覚で認知出来ること」などです。この2年ほどは敏感さがかなり急激に増して行き、一時期はどうしたら良いのか!?と少々戸惑っていましたが、結局詳細なレベルまで認識出来るような状態になっていたからこそ、今になって友人知人、家族や親戚が旅行先から連れて帰って来てしまったり、同じように例のサイキックから念を飛ばされている知人などが「なんだか急に苦しい」と何の前触れも無く具合が悪くなって倒れそうになってしまったり、その人のオーラの周りに念や生霊が纏わり付いていたり、オーラの中にまで入り込んでしまっていたりするのを見つけることが出来ましたし、それが本当に取れたかどうかという事も分かったので(取り除いた後に本人の体調も急に回復したりします)それらの除去を実践してみて実際はどのやり方が有効かという検証も出来たというわけです。この時はじめて私は、今までずっと自分に霊能力が備わっている事を嫌って来た事について「なんだ、今まで私が嫌って来たこの能力はこのような事のためだったのか」と心の底から肯定的に捉える事が出来たのでした。しかし、まだ始まったばかりなので(4次元的な「除霊」というようなことをするつもりはありませんが)自分の軸をさらに強めて行くというところに注力して参りたいと思います。

 
今日もたくさんの応援を有難う御座います!
20170302214307
f:id:dolphinparty:20170829151702g:plain