その次の世界へ 魂の旅

魂の探求、霊性を高めること、スピリチュアル全般について綴っています。

行く手を阻もうとする存在たち

occlut_spirits

暗闇の中でカチカチカチ・・・

本日はちょっとオカルトな話です。苦手な方はスルーして下さればと思います。時々、セッションにいらっしゃるお客様に対して、見えない存在が邪魔を仕掛けてくることがあります。殆どの場合、そのような事はないのですが、先月と今月は2回程そんな事が続きました。先月、とあるお客様がセッションにいらっしゃる日のことです。そのお客様のご自宅に怪奇現象が起きたとのことで、お話を聞かせて戴きました。その日の夜明け前、ちょうど午前4時~5時にお客様の枕元でカチカチカチ・・・という音がし始めたそうで、その音の方向を見てみると、メガネや時計が左右(または前後?)に動いていたそうです。一瞬「地震かな~?」と思ったそうですが、そういう揺れ方ではなく、地面も揺れていませんでした。彼女はカチカチ音を立てながら動いているメガネや時計を片腕で抑えました。すると今度は自分が横たわっている顔の前でカチカチ音がし始めたそうです。そこには何もないのに音だけがするという・・・。何なんだろう!?と思って、両手をパチンと叩いて大きな音を出してみたところ、彼女が横たわっている真正面のクローゼットの中で「バサーーーッ!!!!」という、何かが下に落ちるような大きな音がしたそうです。いつもそのクローゼットの中には、ビニール袋にカバンなどを収納しているとのことで、それが自分が手を叩いた振動か何かで落ちたのかな?と思ったそうです。(ちなみに「大きな音を立てて手を叩く」というのは、以前私がワークショップの中で、邪気は手を叩いてたりして笑っている場所には近寄ってこない、という話をしたのを思い出してそうしたのだそうです。)5時を過ぎたあたりからようやく起きることが出来たので、何かが落ちた音がしたクローゼットを開けて確認してみると、下には何も落ちていなかったとのことです。彼女は驚いた様子でそのことを私に話してくださいました。一体その大きな音は何だったのでしょうか・・・?不思議ですね。

電気系での邪魔は大得意なのです

ところで、私は午前中のセッションの前と後に、必ずスマホでメールチェックをするのですが、送信記録が朝8時30分になっているお客様からのメールが、11時30分頃に到着しました。それ自体は別になんてことはないのですが、後で再び確認してみたところ、他の人のメールは届いていたのに、そのお客様のメールだけが届いていませんでした。そこには「その日の明け方に怪奇現象が起きて、こんなことは初めての体験だったので驚きました。」ということが書かれていました。お客様のセッションは午後だったので、11時半にそれを読んだ私はすぐに「今日は何としても起こし下さいね」というような事を書いて返信しました。そのお客様のとこで怪奇現象が起きた時点で、見えない存在たちの邪魔が入っているという事を悟ったからです。14時になってお客様がいらっしゃいましたが、何度かインターホンで部屋番号を押しても、小さな電光掲示板の部分に部屋番号が表示されなくて呼び鈴を押せなかったとおっしゃっていました。午前中のお客様の時や、13時にヤマト運輸が配達に来た時は何ともありませんでしたし、次の日の午前のセッションにお客様がいらっしゃった時もインターホンに異常はありませんでした。しかし、数回押してみたところ、異常な速さで部屋番号が表示され(このようになること自体も変ですが・・・)呼び鈴を押すことが出来たそうです。見えない存在たちは電気系や電波系を操るのが得意ですからね。それらを使ってよくイタズラや邪魔をして来たりします。しかし、彼らがそのようにあからさまに行動を起こすものだから、私も気づくじゃないですか。お客様がいらっしゃってセッションを始める前に、その怪奇現象の原因となっているものだろうものについてお話をさせて戴きました。そのお客様はかなりの霊媒体質でかなりの憑依がありました。見えない存在たちにも知性というものがあり、憑依などがある人の場合、時々このようにして行おうとしていることを邪魔をされてしまったりするのです。大抵は彼らにとってデメリットとなる事柄においてこのような現象で表現します。実はこれは珍しいことではなく、結構よくあることです。今日はちょっとオカルトなお話でした。

 
今日もたくさんの応援を有難う御座います!
20170302214307
f:id:dolphinparty:20170829151702g:plain