その次の世界へ 魂の旅

魂の探求、普段は目に見えない世界のこと、スピリチュアル全般について綴っています。

ところがどっこい、ポルターガイスト現象です!

ポルターガイスト_霊能力_勝手に物が動く

噴水と霊能力が開いている人をめがけてやって来る?

記事のタイトルは時々「ホッテントリメーカー」というのを参考にしているのですが、ちょっとふざけた感じのタイトルが出来上がるのでなかなか気に入っています。ホッテントリというのは「Hot Entry」をリエゾンして読んだ音が「ホッテントリ」に聞こえるので、そんな名前になったのだそうな・・・。ところで、北欧では噴水がある場所には霊(以下、レイとします。漢字で書くと怖がる人がいるため・笑)か何かが集まってくるから、みんな噴水には近寄らないっていう話を聞いたことがあるけれど、本当なのでしょうか??(笑)今度、デンマークにお住まいのヒーラーおじいさんに聞いてみようと思います。私は噴水じゃないのにレイが集まって来やすいようです。霊能力が開いてしまうと、やっぱり何が無くとも寄って来られやすくなってしまうみたいですね。家とか土地に何かあるというのではなく、寄って来るようです。そして、その手の話をするとすぐさま寄って来ます。寄って来られると、すぐに身体に反応が勝手に出るので、それが困ったところでもあります。寄って来られないようにするためには、その系の話をしないことが一番なのだと思いました。プライベートで友だちと会っても、出来るだけこの手の話をしないようにしているので、ここに書いているというのもあります。ここに書いておけば、友人に会った時でも「そういう話は出来ないけれど、詳しくはブログにすべて書いてあるから、そちらで読んでね!」と言えるからです(笑)

からかわれているんじゃないかと思いました。

しかし、その手の話を全くしていないし、考えてもいないのに、時々、本当に何も無くても寄って来られる事もあります。それは本当にポルターガイスト現象みたいな感じなのです。今ではだいぶ慣れてきましたが(時々はビビりますが・・・)以前はすごく怖かったし、毎度毎度「キャー!!!」などと言って驚いていました。これは何度体験しても嫌なものですね。その数はかぞえていませんが、多分、何十回かは体験していると思います。これは10代の頃から体験していましたが、今は頻度が高すぎます。例えば、目の前で炊飯器の蓋が「カチン」と音がして開いたり(前の夜以来、炊飯器を誰も触っていないハズなのに。)カーテンが勝手に10㎝ほど開いたり、何もしていないのに思い切り大きな音で風鈴が鳴ったり(その時、猫2匹は私の足元にいました。)植物がバッサバッサ音を立てて左右に揺れたり(ピクッと動くってもんじゃないですよ!)リビングの電気が勝手に点いたり消えたり(電気は全く壊れていなかったし。)←これもかなり嫌でしたが、一番嫌だったのは、夜中の2時過ぎに勝手にPCが立ち上がって、ハワイアンの音楽が大音量で流れたことですね。あと、従来のステレオで音楽を聴いていたら、目の前で勝手に音量のダイヤルがぐーーっと動いて大音量になったこと。みなさんのお家ではこんな事が起きたらどうでしょうか?

キミたちは「構ってちゃん」なのか?

このような事を体験されていらっしゃる方も結構いるのではないかと思いますが、そういう時は現象が起きるたびに「あー、またやってる」というような、どうでもいい感じの感覚でいることをお勧め致します。彼らは霊能力が開いている人に向かって「こっち見て!ねえねえ、こっち見てってばぁ~」とアピールしているのだそうです。「面倒くさい人たちだね、本当に・・・。だからいつまで経っても成仏出来ないんだよ。」と内心いつも思っています。でも、今後はそういう事すら思わないようになって行かなくてはなりません。日々精進です。

 
今日もたくさんの応援を有難う御座います!
20170302214307
f:id:dolphinparty:20170829151702g:plain