奇跡を呼ぶ意識の魔法

目に見えない世界のこと、不思議なこと、引き寄せの法則について綴っています。

メールからも入り込んでくる存在

occult-spirits-spiritual

物理的な世界の概念はもはや通用しない!?

今回はオカルト話が含まれておりますが、もしかしたら「気をつける」という意味ではサッとご一読頂くのもよろしいかもしれません。以前、勉強会で一緒の人が誰かから来たメールを開いて読んだだけで憑依されてしまった事があるという話を師匠がしてくれたことがありました。目には見えない存在は既に物理的な次元を超えて存在しているため、時空を超えて瞬時に移動するのなんて朝飯前なのだと思います。実際に私の母がちょうど亡くなった時間帯に、私が滞在していた海外のホテルにまで姿を現したこともありました。でも、まさかメールにそのような存在が乗ってくるだなんて、いくら私でも信じがたい事ではありました。ただ、メールに送り主が発しているエネルギーはバッチリ乗っかって来ているという事は認識出来ますので、それを踏まえて考えてみれば、目には見えない存在がメールに乗っかって来たとしてもおかしくはありません。

メールから強烈に発されていたエネルギー

送り主が発しているエネルギーの質や種類も色々ありますが、それでも今までは何ともなく過ごせていました。しかし昨日は、久しぶりに強烈過ぎるエネルギーがメールに乗って来ているのを感じてしまいました。知人の知人、つまりちょっと遠い知り合いがプライベートの事に関するメールをして来たのですが、後で師匠に確かめてみれば、その人の憑依の中身が強烈過ぎる種類ばかりですし、入られている数も並ではありませんでした。それが判明する以前に、G-mailの受信ボックスに私のお客様方からのメールが並ぶ中、その人の名前の表示部分だけは強烈なエネルギーを発していたので変だと思いましたし、すごく変な話なのですが、受信ボックスのその項目から私に向けて、エネルギーがビンビン飛んで来ているような、こっちを見ているにも感じていました。(←こんなん書いてますが、私の気は確かですよ・笑)1日に何通もメールを送って来ていたので「何だよ、嫌だなぁ・・・用済みのものからどんどん削除してしまおうかな。」などと思っていました。

お中元やお歳暮の季節でもないのに届いたもの!!

その日の夜に「若干、家の中が変だなぁ」と感じ始めましたが、あまり考え過ぎは良くないと思って無視しておりました・・・が、やっぱりそうだったのです。次の日の昼間に夫から「何だか急に具合が悪いから早退する」とメールが来ました。チェックすると「夫の周りに霊がつきまとっている」というのが出ました。しかし私のチェックではまだまだ修行が足りない状態なので、念のため師匠に連絡をして確かめました。師匠の返事を待っている時に、家の中がやっぱり変だと感じましたし、段々と胃のあたりが痛くなって来ました。何も食べたりしていないのに変だな、と思うと同時にピンときましたので「私の家に誰かがいるようなのですが、チェックして頂けませんか?」と私は続けて師匠に連絡をしました。すると、夫の周りには霊がつきまとっており、私の家には2体憑依されていました(笑)「そのようなものは普通にメールでも飛んで来ますよ」との師匠の言葉に、私は知人に向けて「も~むかつく!ふざけんな、除霊代2体分支払えってんだよ~!笑」と思わず声に出して言ってしまいました。メールを開けただけで家に憑依されてしまって、そのお陰で思わぬ出費となってしまった事に若干腹が立ってしまいました(笑)以前も人が家に来た時に、1体置き土産をしていったことがありましたが、1体居るだけでもかなり家の雰囲気が悪くなり、どよ~んとした雰囲気がしますし、身体が不調を訴え始めたりします。今回は身体の不調はさほどでもありませんが、やっぱり違和感がすごくあります。でも、自分のアストラル体に憑依されなくて良かったと思います。師匠いわく、アストラル体に憑依出来ない場合、家についたり、家族の誰かを狙ってくるとのことでした。

つきまといと憑依の違いとは?

 先ほど「夫の周りに霊がつきまとっている」ということを書きましたが、これと憑依というのは異なるものです。つきまといの場合は放置しておけば自然と離れていってくれますが、憑依の場合は土地でも家でも人でも、除霊をしない限りは取り除くことは不可能です。しかしながら、つきまといの場合も夫がなったように体調不良を被ったりして、それが結構つらいものだったりします。そして、自分のアストラル体ではなく、家に憑依があるだけでも体調不良になったりします。敏感な人であるほど、その感じ方が半端ないと思いますし、さほど敏感な人でなくてもそのようになってしまう人もいるようです。敏感だと本当に色々と大変です。今回のオカルト話はメールで飛んでくる存在の話でしたが、みなさまも「ちょっと危険」と思う人からのメールにはご注意を。無理に対応する必要もない場合は、ちょっとばかりスルーしても良いのかもしれません。誰に対しても平等に、淡々と接している私の師匠も「水野さんが、この人ちょっと危険だなぁ・・・と思う波動の人とは距離を取るという感じで良いのだと思いますよ。」と仰るくらいですからね。

 

今日もたくさんの応援を有難う御座います!
20170302214307
f:id:dolphinparty:20161017175024g:plain