読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奇跡を呼ぶ意識の魔法

目に見えない世界のこと、不思議なこと、引き寄せの法則について綴っています。

除霊を拒ませる見えない存在達

energy_body_healing_occult

霊障と病気や物事の不調和

最近、お客様や勉強会での実習でボディーヒーリングを行っていて気づいた事があります。このボディーヒーリングはアストラル体(オーラの中で二番目に肉体に近いところに在るエネルギー)に働きかけをするのですが、憑依がまったくないお客様にはハッキリと結果が出やすかったりするのですが、憑依のある人の場合はヒーリングの結果が出にくい事が殆どであるということです。前回書いた記事で述べたように、霊が憑依する時というのは、このアストラル体に憑くのですが、その場合はヒーリングでアストラル体に働きかけても、憑依物と一体化しているような状態なので、その人ご本人に働きかけをしているつもりでも、実は憑依している霊に働きかけをしていたという場合もあるようなのです。しかし、そうは言ってもヒーリングの結果が100%出ないというわけでも無さそうなのでそこが難しいところです。病気や明らかな不調として出ている場所において働きかけをしようとすると、時々お客様や実習の相手の身体を透視していると、焦点を合わせている箇所にモヤのようなノイズがかかることがあります。これがいわゆる「霊の邪魔」というものであり「霊障」というものなのですが、憑依されている方からすれば、霊障によって身体の不調や病気になっているということになりますし、働きかけを行う私側からすればノイズがかかる部分が霊障のある部分なのだという事が判るバロメーターにもなります。ただ、憑依されている方の身体のすべてに霊障が出ているわけでは無いようで、ノイズがかからずにきちんと見える箇所もあり、そのような箇所にはヒーリングの結果も出やすいようです。ただ、個人的には、普通の浮遊霊だけに憑依されている人へのヒーリングは大丈夫ですが、蛇や狐、地獄などに憑かれている人はちょっと色々な面で難しいですね。これらの憑依がある人というのはマイナスエネルギーが強烈ですし、周りにもたくさん強烈なものを連れて歩いているので、遠隔でも対面でもエネルギー的にムリだと思います。

家や土地の憑きものからの影響も・・・

ということで、憑依がある人(普通の浮遊霊のみの場合)へのヒーリングを行う場合は、身体の不調箇所や病気の症状が出ている場所に働きかけを行うよりも、身体や頭(脳)の疲れを取ったり、脳内物質やミネラル、ビタミンの補充、添加物や放射線の除去、血液浄化やリンパを流したり、骨の並びを整えたり、骨に必要な物質を補充、抗癌作用のある物質を働きかけるなどというように、メンテナンスのような内容でメニューを組むと良いのだと思います。(少なくとも実習では上手く行きました。)しかしながら、一番良いのは憑依している存在たちを除霊することなのです。先日は初めて、とあるお客様に除霊をおすすめさせて頂きましたが、とてもスムーズに除霊をお受けになると仰ったので私もホッと致しました。なぜなら、憑依されている人や、そのような存在から影響を受けている人の殆ど(今までの傾向で言えば7~8割くらいの人)が除霊を嫌がったり拒んだりするからです。「そんな怪しいもの、誰だって拒むよ」なんて思いますか?そうかもしれませんね。しかし、そうでは無さそうなケースも結構ありそうに見受けられます。これは私の師匠や先輩たちも言っていることなのですが、憑依している存在が嫌がって宿主に「嫌だ」と言わせているということもあるのです。そして、それは憑依されている人のみならず、家や土地に憑依がある場合でも、そこに住んでいる人がそれらの存在からコントロールを受けている事はかなり多いです。というより、家や土地に憑くものは、人に憑くものよりも念が強いことが多いようですので、その分、そこに住む人々も影響を受けやすいということなのです。

解っているけど拒んでしまう

実は先日、とあるお客様が私のサロンにいらっしゃった時、憑依の件をお伝えし、私が窓口になるという前提で除霊なさるかどうかをお聞きしたところ、ほぼ即答で憑いているものすべて除霊するとおっしゃいました。その場で師匠に連絡を取り、除霊を依頼致しましたが、このようなケースはもしかしたら稀かもしれません。また、憑依されているということを受け容れるのに時間が掛かる人もいると思うのですが、こちらのお客様はすぐにその話を受け容れて下さいました。友人や親戚の中には、こちらのお客様のように即決即断をした人も何人かいましたが、私と一緒に学んでいる仲間たちの話を聞いていると、なかなか即決即断というわけには行かないようです。それは除霊代がかかるという金銭的な事に関係なくです。親戚の内の一人が「段々目が見えなくなって来ていてるのだけど、病院に行って検査をしても何も無いって言われるの。それでね、これは絶対に霊障だって思うのよ。ここの家に引っ越してから良いこと無いし、家の中に何か居るのがわかるもの。」と言っていたので「それ、取る(除霊する)?」と聞いたところ、即「今はいい。取ろうと思わない!」と言うのです。自分で「これは霊障だ」とか「家に何か居る」と言っておきながら、いざ聞くと「No」と言うのです(笑)本人は霊障がある事自体は解っているようなのですが、中に入っている(憑依している)十数体の他人が「除霊は嫌だ」と言っているのだと思います。中の人達からすれば、せっかく生きている時と同じように色々出来るし、エネルギーをもらえるし居心地がいいんだから、除霊なんてやめてよね!という事だと思います。もしかしたら憑依している存在達は、自分達が今も生きていると勘違いしているのかもしれませんが、憑依している存在というのは、宿主の生体エネルギーを吸い取りますので本当に危険ですし、本来は上手く行くはずの物事も上手く回らなくなってしまったりします。

 

今日もたくさんの応援を有難う御座います! 
f:id:dolphinparty:20161017175024g:plain