奇跡を呼ぶ意識の魔法

目に見えない世界のこと、不思議なこと、引き寄せの法則について綴っています。

あの世にキチンと成仏するためにすべき3つくらいの事

成仏するためのポイント_霊感_霊能力

20年~40年もの間、3次元にステイしてた彼女達

1年近く前に判ったことなのですが、私の母や、叔母や祖母たちが揃いも揃ってちゃんとあの世に行けてなかったのです。薄々感づいてはいたけれど、改めて認識するとびっくりしてしまいますね。身内の5人も成仏していなかったという事になるのですから!祖母なんて、実に40年もの間この3次元を彷徨っていたのです。そして、父や祖父たちのことも一応調べてみたら、案の定、既にしっかりあの世に行っておりました(どおりで・笑)これを知ってみて改めて思ったことは、自分の人生、遠慮せずにしっかり生きる!!という事でした。というのも、家族や親戚の中で、しっかり成仏してしていた人と、そうでない人それぞれに特徴を見つけたからです。

成仏できない理由とは?

父方の祖父はやり手で真面目な経営者だったのですが、そのせいか、2代目の父はお坊ちゃま育ちだったためか、全てにおいてやりたい放題で、それは子供の頃の私から見てもそれは分かるほどでした。そのお陰で母は結婚直後から忍耐と苦悩の日々を送って来ました。私がいつも母に「我慢なんかしないで離婚しちゃえばいいじゃん」などと言うと、必ずと言っていいほど、我慢を選ぶかのような返事が返って来ていました。私には全く我慢する理由が理解できずにいましたが、それは母ならではの考えがあったのでしょう。それはさておき、叔母2人のうち、1人は眠ったままあの世に行っていたので、自分がこの3次元を去らなくてはならない状態になっていることすら気づかなかったのではないかと思われます。残りの1人の叔母は私の母と同じように、結婚生活において我慢を重ねていました。そして驚くことに、母方の祖母も全く同じような結婚生活をしていたようなのです。余談ですが、これが私が家族の心理学に興味を持ってしまった理由なのですが、家族の中で何か無意識に世代伝播してしまうものがあるようなのですね~。しかしながら、私や妹は我慢の「が」の字もないような、普通の結婚生活を送っているのがこれまた不思議なのですが・・・。で、父方の祖母は、生前の様子からすると、父のことが大切過ぎて、気になってしまってこの世に残ってしまったのではないかと思います。(勝手な邪推です)

成仏に良い悪いの裁きはないようだ??

母の弟にあたる叔父にこの事を報告すると「なんで身勝手な事してはった人が成仏できて、苦労して頑張って来はった人が残ってしまってるんや!?ほな、葬式の時の坊さんのお経は何やったん!?」と、独り言にしては大きな声で怒っていました(笑)私が思ったのは、成仏するかしないかの分かれ道がこの辺りにあるのではないだろうか?と思ったのでした。身勝手にして来た人は、次に生まれ変わる時だか、いつかのタイミングで、いずれその報いを受けなくてはならないかもしれないものの、父と母方の祖父は勝手はしたかもしれないけれど、思う存分生きたのだと思います。この世に未練もないほどに自分らしく生きたのでしょう。そこに良い悪いという裁きは存在せず、ひとまず成仏するための条件として「後悔や未練を残さないように生きる」というのがあるのかもしれない、などと思いました。

成仏の最低条件は「自分らしく生きたかどうか」らしい

そして、結婚生活で我慢し続けた母と叔母は、いよいよ肉体をこの3次元に置いていかなくてはならない時が来たその直前に、なんと、暴言を吐いてから肉体を離れたのです。「私の人生なんだったのよ!私は何のために生きたのか全くわからない!!」と、今思えば最後の力だっただろうエネルギーを振り絞って、泣きながら怒鳴りました。その日に昏睡状態に入り、1日後に呼吸が止まりました。それから20年経った今も母たちがこの世に残っていたというのを知った私は「ああ、誰が何を言おうとも、自分らしく生きよう。未練なんてこれっぽっちもねえよ!って言えるくらい生きてやろうっと。」と思うようになりました。ちょうど人生折り返し地点に入った頃なので、このように認識するいい時期だったのかもしれない、とも思いました。というわけで、みなさん、3次元を離れなくてはならない時が来たときに、後悔も未練も出ないほどに「ああ、やり切ったぜ!」と堂々といえるくらい、自分らしくあるがままを生きていきましょうよ!! あ、ちなみに5人共みんな成仏させちゃいました。

今日もたくさんの応援を有難う御座います!
f:id:dolphinparty:20161017175024g:plain