読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奇跡を呼ぶ意識の魔法

目に見えない世界のこと、不思議なこと、引き寄せの法則について綴っています。

雑記:この先は畳んで行かねばならぬ

f:id:dolphinparty:20170325215953j:plain

身体から声?いや、ハイヤーセルフ

今日、ヒーリングを行っている時に「これからの人生を楽しんで下さい」というメッセージがお客様宛に頻繁に来ていたので、それをお客様にお伝えしたところ「誰が言っているのですか?身体ですか?」と聞かれました。今まで誰が言っているのかをあまり深く考えたことはなかったのですが、おそらくそのお客様のハイヤーセルフではないかと思われます。細かく言うと、身体や心の状態(オーラの状態)をハイヤーセルフが言ってくるのではないかなと思われます。その時は身体から聞こえて来ているようにも感じるのですが、やっぱりハイヤーセルフが伝えてくるのではないかと思われます。これは「気」の勉強会では絶対に行わないようにしているのですが、時々何も考えずにうっかり相手にメッセージを伝えてしまった時には、相手の方が驚いて「えっ?どうしてそれを?私何かその事について話したっけ?」とか「なになに!?私の身体から何か伝わっちゃった?」などと言ってくることが度々ありましたが、実はこれは7年前にアロマヒーリングを行っていた時にも毎日のように起きていた事なのです。

アンテナを畳むという課題

現在は出来るだけ見ないように心がけていますが、以前アロマヒーリングを行っていた時は、お客様のハイヤーセルフからのメッセージは勿論ですが、身体を触れただけでその人の過去生や未来、今起きている問題など、様々なものが身体を触れただけで勝手に見えて来ていましたので、現在のほうが当時の「超ライト版」ではないかと思うほどです。今は敢えてそのようにしています。それは、現在私は師匠から「水野さんはそっちのアンテナ(霊能力)が3本バッチリ立っている状態だから、今度はそのアンテナを畳むように訓練して」と言われているため、出来る限り見ないように努力しているのです。師匠の言う「アンテナを畳む」とは「感じないように、見えないようにする事」です。去年は2ヶ月に一度の頻度で霊能力が高まっていき、以前、師匠に「もうこれ以上、感性が上がるのは耐えられません。辛くて辛くてたまらないのです。何とか感性が上がるのを止める方法はありませんか!」と何度か泣きながら訴えた事がありましたが「今は辛くて見えることがネガティブな事のように感じているようですけど、その能力は必要あって開いていっているのだと思ういます。この先はアンテナを立てたり畳んだりする事を覚えると安全ですよ。」と師匠は言いました。しかし、一人ひとり感性が違うため、その方法も自分で見つけていかなくてはならないとのことでした。そこが辛いところです。見本や方法が無いわけですからね・・・。今まではそれなりのスイッチがちゃんと備わっていたと思うのですが、現在ではそのスイッチはもはや無効のようです。霊能力が高まればその分だけスイッチのオンとオフの強さのようなものも高めていかなくてはならないという事です。そういうわけで、この先は霊能力が上がっていくにつれて本当にアンテナを畳む事が出来なくてはならない領域に入っていくと思われるため、真面目に毎日自分の感覚を観察している最中です。しかし、この仕事をしながらアンテナを畳むのはとても大変です。お客様のエネルギーまでは察し過ぎない状態でいながら、お客様がご質問下さる物事に関するリーディングを行っていかなくてはならないからです。もう本当に精神統一みたいな事をしなくてはやっていけない感じです(笑)

そういう時こそ笑うに限る!

3月中も霊能力の感性が更に上がってしまったようなのですが、そのような時というのは自分で意識を向けようとしなくても、ほんのちょっとの意識をほぼ無意識的に向けてしまっただけでもエネルギーをキャッチしてしまい、辛くなってしまう事があります。感性が伸びていく時にそのアンテナ自体に不安定さが出るのでしょうね。2016年中よりはまだマシな状態だと思いますが、この先の領域は心して行かなければならない感じなので、真面目に取り組む必要がありそうです。この「真面目に」というのは何だと思いますか?これはなってみないとご理解頂けない事だと思いますが、感性が研ぎ澄まされる時というのは、意図せず色々なものを察してしまうため「楽観的に、気にしないように」と言われても、そう大らかな心ではいられない状態になりがちです。そこを敢えて大らかで楽観的で気にしない、何も考えない状態でいられるように努力することなのです。「まあ、そんなこともあるさ、大丈夫大丈夫!」こんな感じです。これを真面目に取り組まないとならないというのはなかなか難しいんですよね(笑)私に限らず研ぎ澄まされている人は全般的に言えることのようで、勉強会で一緒の、私と同じような感性をもっている人や、2番弟子の方もこのことに大変苦労しているようです。「わっ!また感性が上がり始めている!」と気づいた時は、そこにフォーカスし過ぎないように敢えて笑えるネタを探したり、楽しい事をしたり考えるようにしてバランスを取っています。

今日もたくさんの応援を有難う御座います!
20170302214307
f:id:dolphinparty:20161017175024g:plain