その次の世界へ 魂の旅

魂の探求、普段は目に見えない世界のこと、スピリチュアル全般について綴っています。

砲弾が飛んでくる!?サイキック・アタック

Psychicattack

恐るべし!目には見えない世界での攻撃

今日はチャクラに関する記事を幾つも連投しておりますが、これらは以前からずっと密かに書き溜めていたものなのです。チャクラに関する内容は、ヒーリングや魂の進化や精神レベルに関連している部分があったりするので、改めてチャクラについて考えてみると「なるほどね」と思える部分が結構あります。今日はチャクラの話ではなく、サイキックアタックに関する事をお伝えしますが、サイキック・アタックという言葉をご存知ですか?サイキック・レベル(見えない世界、霊的なレベル)で行われる攻撃の事を言います。これは結構厄介なものです。これは生霊とは少し違う性質があるようです。サイキック・アタックは念による攻撃ですが、生霊の場合はサイキック・レベルでオーラにコードのようなものを差されているような状態です。例えばAさんがBさんのことについて執着していたり、恨みや妬みなどのネガティブな強い感情を持ち続けていると、次第にその念のエネルギーが、まるで1人の人のようなエネルギーにまで発展し、Bさんのアストラル体に憑依してしまうのです。一方、サイキック・アタックというのは、ネガティブな念を飛ばせる人しか出来ないものです。世の中には念を飛ばせる人と、飛ばせない人がいるのですが、念を飛ばせる人というのは無意識に人のオーラを傷つけていたりするのです。そして、それは侮れないような強烈さなのです。例えば、Aさんは念を飛ばせてしまうタイプの人だとします。ある時、AさんがBさんのことを気に入らないと思いました。AさんがBさんの事について何かネガティブな事を念じたとします。例えば「あんなヤツ、居なくなっちゃえばいいのに!」というように(おお怖っ!)Aさんが念じたその瞬間、そのエネルギーはBさんのところへ飛んで行ってしまいます。飛んで来たエネルギーは勿論見えませんが、Bさんのオーラに傷をつけたり、念の度合いが強ければ、穴を開けてしまったりすることもあるようです。ここまでお読みになって、もしかして「オーラが傷ついたらどうなるの?」って思ったりしましたか?その念を受けてオーラが傷ついてしまったBさんは、体調が悪くなったり、物事が上手く行かなくなったり、酷いケースでは命に関わることもあるくらいです。オーラの説明を先日ここにもザッと書きましたが、オーラは目には見えないものの身体の一部ですし、肉体を支えている生体エネルギーでもありますので、かすり傷程度であれば、ちょっとした頭痛や胃痛などで済むかもしれませんが、穴を開けられたりすれば更に大変なことになりかねません。

サイキック・アタックへの対処法は?

誰かからサイキック・アタックをされた場合はどのように対処すればよいのか?もしもアタックして来た人が特定出来れば、その人から何も言わず、何もせずに離れるという事が必要です。物理的に離れることが出来れば一番良いのですが、難しい場合は心的な距離を取ることが必要になって来ます。何かの手法を使ってプロテクションをするのは一時的には効くので良いと思います。その際は「大丈夫なんだ」という意識をしっかり持って、リラックスしてお過ごし下さればと思います。プロテクションを施しても不安や心配の心が勝っていれば、プロテクションの効果が打ち消されてしまい、その意味が無くなってしまいますのでね。しかし、このような事を言って大変申し訳ないのですが、そのいかなる手法もあくまでも一時的な対処に過ぎません。根本からオーラを強くするためには心や意識を変えて行かなくてはなりません。サイキック・アタックによって何かの影響を受けてしまう場合というのは、それを受け容れる体制が整っている状態とも言えます。無意識の内に受け容れている状態なのです。ただただ繊細な人や敏感な人は勿論気をつけなくてはなりませんが、それ以外にも、他者との関係に関して心や意識の部分に何か引っかかりがある人などは気をつけたほうがよろしいかと思います。(心や意識のどの部分に引っかかりが在るのかという事については人によって異なりますので、ここでは特定することは出来ないのですが・・・。)

★この続きはこちらのページになります↓

www.dolphinparty.jp

 
今日もたくさんの応援を有難う御座います!
20170302214307
f:id:dolphinparty:20170829151702g:plain