奇跡を呼ぶ意識の魔法

目に見えない世界のこと、不思議なこと、引き寄せの法則について綴っています。

SFの世界だけの話だと思っていたのですが・・・

f:id:dolphinparty:20170208213529j:plain

一体、どこまで見えるようなるつもりなのか、私!?

念などの怖い話はそろそろ程々にしないといけませんね(笑)次に更新を控えているお話は、そういった怖い話ではなくてマインドに関するお話です。でも、その前にもう1回だけ怖い話をして終わりにさせてくださいね。それから、こんな話が苦手な方はスルーして下さいませ。この話自体、普通に考えたらにわかには信じがたい話ですし、自分でも「!!」となってしまったような体験でしたので・・・。

関連記事1 今度は波動砲を飛ばして来る人が現れた!? 

関連記事2 膨らむ、育つ、意識のエネルギー 

自分は一体どこの世界に足を踏み入れているのやらと思う今日このごろですが、私が参加している気の勉強会には「気」を感じる人がたくさん集まっていますので、そこでは私の話も「よくある話」として捉えられていることでしょう。その仲間達の中でも私は特に敏感で感受性や霊的なセンサーが強いと言われていたりしますし、今までにも数え切れない程の様々な不思議体験をして来ましたが、そんな私も1週間前に新しいジャンルの(?)不思議体験をしました。私は以前から気(エネルギー)に敏感で、すぐにそれを察知してしまったりしていましたが、この半年は特に「気」が肉眼でも見えるようになって来ていました。随分前には自分の身体の周りを取り囲む水色~青色のオーラをたびたび肉眼でハッキリと認識していたりもしましたが、今回見たのはオーラのようなものともまた異なる感じの見え方でした。

なんだこりゃ!!ズレる空間だとー!?

このところ念を飛ばされていたのですが、実はそれを飛ばしていたのは勉強会のベテランの先輩Aさんでした。私のみならず、他にも勉強会の仲間のうち、十数人の方々が念を飛ばされて苦しんでいました。念を飛ばせるようになるというのは良いことではありません。Aさんは一旦はとてもエネルギーが高くなっていったのですが、最後に心に残っている部分をきちんと見つめて行かなかったがために、ある地点を境にどんどんエネルギーが落ちて行き、心に残っていたほんの少しの闇が瞬く間に広がって行ってしまったとのことです。こうなってしまったのは、ある人の出現により湧き出てきた嫉妬と「あの人よりも自分のほうが強い、自分が一番だ!」という我欲の心が強まってしまったためです。心をクリアーにせず、心の奥に妬みなどのネガティブな感情や、欲が渦巻いている状態のままで霊的な力だけを持ってしまった場合、人に対してネガティブな念を飛ばすようになってしまうことがあり、一旦そのようになってしまうと除霊を何度行ったとしても憑依がなかなか取れなくなって来ますし、巡り巡って念を飛ばした分だけ自分に返って来てしまいますので、結局は飛ばした本人も苦しむことになるのです。私たちは12月末、または1月初旬あたりから念を飛ばされていたようなのですが(私に限っては、飛ばし元の人の顔が浮かんで来ますので、誰がやったのか判ってしまいます。)今からちょうど1週間前の夜、就寝前に突然空間が斜めにズレたのです。言葉での説明が少し難しいのですが、ちょうど「断層が縦ではなく ”斜めに” スパッとズレるようなイメージ」とか「カッターで斜めに切った箇所がスパッとズレる」とか、そのような感じでしょうか。このような事を言うと訝しがられてしまいそうですが、一瞬ですが確実に空間がズレたのを見ました。それと同時に「ピキン!」という、グラスを弾いた時のような細く綺麗な音がしたのですが、それも頭の中に響くなどというものではなく、ハッキリと「耳で」聴き取ることが出来るような音でした。何もない20cmほどの空間が斜めにズレて、ピキン!という音が聴こえたのと同時に、何か波動砲のようなもの(エネルギーの玉のようなもの)が飛んで来て、私の手前で跳ね返ったのが見えたのです。それはちょうど、空間が斜めにズレた箇所のあたりで、私からの距離は20cmか30cmほど離れた場所でした。「!?いま何が起きたの!?」と心の中で驚きましたが、波動砲が飛んで来た時に、例の先輩Aさんの顔がスーッと浮かんだので「これ、念だろうなぁ」と思いましたし、その夜はあえて何も考えずに眠ってしまいました。次の日の朝、昨日の夜のは何だったんだろう?と考えていた時、ふと見た私の腕や身体に半透明のジェルのようなものが覆っていたのです!驚いて思わず自分の両腕、両脚を見回してしまったのですが、それは身体から10cmほど離れたあたりまでを覆っていたのです。そして、数秒したら見えなくなってしまいました。このようなものを見たのは初めてだったので、師匠に昨日の話も併せてメールで伝えました。すると「実は昨日もAさんが皆に(念などを)飛ばしていたようだったので、それを遮断して影響を受けないように(結界のようなものを)処置しておきました。」という返事が返ってきたのです。おそらく、私が見たジェルのようなものは、師匠がかけてくれたプロテクションだったのでしょうね。そして、飛んできたのはやはり念だったのだと思いきや、聞けばそれはなんと「生霊」だったようです。私はたまたまタイミングがズレたのか大丈夫でしたが、師匠がプロテクションを施す前に、それをまともに受けてしまった女性もいたようでした。肉眼で何かそういったものが飛んで来たのが見えたとか、空間がズレるとか、音がするとか、身体の周りにオーラとは異なるジェルのようなものが見える・・・などという体験はこれまでにもした事がありませんでしたので、私はとてもとても驚きました。

ネガティブに進化するサイキック・アタック

ところで、もしも念を飛ばす人が身近に現れた場合はどうするのか?結界を張るのは良いと思いますが、念の威力によっては結界をすり抜けてエネルギーが飛んで来ることもあるでしょう。その場合は不必要にそのような人に近寄らない、または、お付き合いをやめるのもひとつの手段かもしれません。ちょっとしたサイキック・アタックの場合は気にしなければ大丈夫でしょうけれど、念になるとちょっと厳しいですね。それが更に高じると生霊となっていきますが、そこまで来ると除霊しなければ取れませんので、この場合は人間関係の学びが云々なんていう話は適用外になりますので、早めに離れるなどの対処をされることをお勧め致します。念を飛ばされるのも、生霊をつけてくるのも総合して言えばサイキック・アタックと捉えることができますが、それぞれ少しずつ質とエネルギーの強さが異なります。しかし、いずれにしても、そのような事が出来てしまうようになるというのは、そうなるまでにたくさんのカルマを積んでしまった結果だといえるでしょう。一旦そのようになってしまうと、返って来るものも強烈なエネルギーとなってしまうので、人生の道が苦の道となってしまいかねません。そのようにならないためにも、人への思いやりや優しさ、自分の行い、心を穏やかに保つという事を心がけて行く事が大切になって来るのだと思います。

 

今日もたくさんの応援を有難う御座います!
 
f:id:dolphinparty:20161017175024g:plain