奇跡を呼ぶ意識の魔法

目に見えない世界のこと、不思議なこと、引き寄せの法則について綴っています。

物事がスムーズに行くとき、行かないとき

手放しのプロセス・学び(スピリチュアル)

今までと同じやり方はもう通用しない?

何かの目標を達成したり、願いを叶えるために行動を起こす時、物事がスムーズに運ぶ場合と、運ばない場合とがあります。何か行動を起こしても空回りしたり、何度やっても上手く行かなかったりすることもあれば、思ったことがすぐに動き出したり、自分であまりエネルギーを使っていないのにラクに軽々と物事が進んで行ったりすることがあります。ところで、物事を進めていく時、自分で行動したり、努力をして何かを得たりする必要があって、それ自体が学びのプロセスの一環だったりすることがあります。その学びを終了した後は、今度は「手放す」という新たな学びの段階に入って行くのです。このような学びのプロセスは、周りの人々や様々な人々のケースを拝見していて気づいたのですが「手放しの学び」の段階に入っていく手前で多くの人々がカオスに陥ってしまっているように見受けられます。私もこの新たな段階に入っていく時はいつでも、そのちょっと先に何か分岐点があるのを感じることがあります。それはカオスへの道と、さらなる学びへの道の分岐点なのだと思います。能動的に獲得していく学びが既に終わっている段階でも、多くの人がそれまでと同じやり方で何かを獲得しようと頑張ってしまい、それぞれの人に用意されている「自分だけの流れ」の筋のようなものを思いがけず乱してしまい、その流れに乗るということが出来ずに藻掻いてしまうのです。

自分だけの流れに乗るためには?

 自分だけの流れに辿り着き、それに上手く乗って行くと、目的地へ到達するまでに手に入れるべきものや、行わなくてはならないこと、成し遂げなくてはならないちょっとした目標など、さまざまな面での物事がスムーズに行くようになります。そのような流れに乗るためには、それまでに身に着けたやり方や、それに関する観念や思考回路を一旦リセットする必要がありそうです。手放す必要のあるものというのは人によって多少の違いはあるかもしれませんが、人と自分を比べること、人と競うこと、社会的地位やタイトル(職業、肩書、学歴などなど、自分の立ち位置も含め)の優劣へのこだわり、人や金銭、物質的な欲望などがあり、人によっては他にもそのような類のものを手放して行く必要があるかもしれません。流れに乗ってスムーズに進むためには、重荷となるエネルギーを極力置いていく必要があるのです。誰もに用意されている自分だけの流れに乗るという学びは、人生の時間の中で何度か用意されており、その流れは小さなものから大きなものまで様々です。小さな流れに乗るという事は比較的経験しやすく、既に何度も経験されている人も少なくないはずです。大きな流れに乗るという事については、小さな流れほど多く経験することはなく、人生の中でも何回か、或いは1~2回程度という感じかもしれません。小さなタイミンでも勿論ですが、この大きな流れに乗るタイミングがやって来た時こそ、先程述べたようなものをきちんと手放していく必要があるのです。手放すという事を実践する時というのは、それはそれは不安、恐れが生じたりして、なかなかに苦しいものです。しかし、そのような時こそ「自分なら出来る!大丈夫なんだ!」「どのように道が進んでいったとしても、自分には未来を創っていく能力がある」と心の底から自分を信じることが重要になってきます。

エゴを手放しながら未来へと進む

こんな書き方をすれば「流れに乗って自動的に未来が創られ、その未来に向かっていくんじゃなかったの?それとも自分で未来を創るの?どっち?」という疑問が心に滲み出て来るかもしれませんね。未来への道に関しては、その両方の実践が必要です。自ら行動する事も必要な時がありますが、その時エゴからの意識(心)で行動した場合、それまでスムーズだった物事の流れが急にストップしたり、上手く行かない状態に陥ってしまうことがあります。流れに乗っている時に行動を起こす時は、その流れに沿った状態で行動を起こす必要があります。エゴ(自我)からの意識で無理にその流れを変えようとしたりしないことが、流れに上手く乗ってスムーズに目的地まで到達するためのちょっとした秘訣でもあるようです。これは何か目標を達成するとか、自分の願いを叶えるということのみならず、日常生活や人生のあらゆる事に関して通ずるものでもあります。それまではエゴ(自我・アイデンティティ)を認識しつつ、そこから自己表現すべく何かを獲得したり、達成したり、叶えるという学びだったかもしれませんが、一旦その次の段階に到達すると、今度はエゴからの意識をひとつひとつ手放していく必要があり、それこそが学びのプロセスとなるのです。

 

今日もたくさんの応援を有難う御座います! 
f:id:dolphinparty:20161017175024g:plain