奇跡を呼ぶ意識の魔法

目に見えない世界のこと、不思議なこと、引き寄せの法則について綴っています。

意識で繋がる魂の親友ソウルメイト

soulmate-soulfriend-spiritual"

10年周期で現れる人(謎)

ヒーリングに関する次元のお話はちょっと脇に置いておいて、不思議だなぁと思うことのひとつに、お互いに連絡先が分からなくなってしまったとしても「久々に会いたいなぁ・・・」などと思うと必ず会える友達というのがいます。それは中学時代の友人で、相手は男子だったということもあり、当時は特にすごく仲が良かっただとか、とても頻繁に関わっていたというわけではなく、ただ単に3年生のときのクラスが一緒で付かず離れずまったりと、互いに「げんき~?」「まあね~」みたいな感じを繰り返す・・・という感じでした。そういう人って男女限らず何気にいませんでしたか?で、その友人との間で、そんな脱力気味なやり取りが中学卒業後も殆ど10年おきくらいで再現されているところが我ながら可笑しいと思います(笑)私は小学校時代、中学、高校、大学の友人達とは結構多くの人数と繋がっているのですが、この友人だけは周りと連なって繋がっているというわけではないので、連絡先をなくしても繋がってしまうというところが不思議で仕方ありません。高校生の頃は地元から離れた場所ですれ違うことがあったりしましたが、それ以降は社会人になってから私が引っ越した先のすぐ傍の会社に勤めていたりして、道を歩いていてバッタリ出会った事もありました。また、互いに何か同じようなことで大変な状態になっている時にそうやって繋がってしまうのも興味深いところです。なので、10年ぶりに会うたび「めげないでよ、大丈夫だから!この先きっと良い感じ!」などと言って励まし合っている気がします。高校時代の友人のひとりにもこれに準ずる感じがあります。その友人も海外に行ってしまってから連絡先が分からなくなってしまいましたが、今から10数年前、ふと彼女の事を思い出し「会いたいなー」と思ってから1ヶ月後、ちょっとしたところから繋がることが出来ました。そして話を聞けば同じようなタイミングで共通のことにチャレンジしていたり、同じようなタイミングに大変な状況下に置かれて頑張っていたりしたのです。私にとって中学時代、高校時代のそれぞれの友人は共に励まし合いながら道を進む同志のような感じです。もしかしたらバイオリズム的な周期のようなものが同じなのかもしれませんね。

とある日、変なラベルがオーラに張り付いた

その友人たちは「魂の親友」かのようなソウルメイトなのかもしれないと思うのです。高校時代の友人については疑うこと無くソウルメイトだと思っていましたが、中学時代の友人については10年に一度くらいしか会わなかったので、そのように思ったことはありませんでした。しかし「あー、今まで気が付かなかったけど実はこの人もソウルメイトだったのかもしれないな」と思うに至りました。それは少し前に先方から私のほうに意識のアクセスがハッキリとあり、連絡先も分からなくなっていたのに、その後すぐに再会することになったからです。私は「またか!」と思いました。しかし、今回の意識のアクセスがあったのは実は初めてで、10年前はこんなことは無かったと記憶しています。10年前の私は会社員でしたし、今はこのような仕事をしていて感性が上がったからこそキャッチ出来たのかもしれませんね。しかもそのアクセスの仕方が面白かったです。私はいつも誰かが私に意識を向けたりすると、すぐにそれを察知してしまうのですが、誰かが私に意識を向けている時に私の方には意識を向けているの人の顔が浮かんで来たり、オーラにラベルのようなものがパッと張り付いたりするのです。その意識の内容が嫌なものでも良いものでも、何でもないことでも、そして友人やお客様や何らかの関わりのある人の場合でもこうなります。良いことなら嬉しいのですが、うっかり誰かが私の悪口を言ったりすると分かってしまいますので辛い時もあります。そして今回の件では、ある日私のオーラの右上の方に「BOY、少年時代の人、同い年の男子」という文字で書かれたラベルのような、または声のようなものが張り付いて来ました。私はそれを認識した時に「なんなんだ???意味がわからない」と思いましたが、2~3日に渡って何度もそれがやって来るのです。誰かが私に意識を向けてる・・・と確信はしたものの、それが誰なのかわかりませんでした。BOYとか同い年の男子とか言ってもそのエネルギーを見てみると、現在「少年」と言われる年齢の人のものではなく、私と同じ年くらいの男性のものなのです(笑)私は現在身近にいる同じ年くらいの男性や、今も仲良くしている小中学校、高校時代の男友達のエネルギーをチェックしてみましたが、そのラベルのエネルギーとは誰も合致しなかったのです。それでかつては時々会っていた幼馴染の男子や同級生の男友達もチェックしたところ、ようやく合致した人が出て来ました。どうしてそんなまどろっこしいラベルで来たのか不思議です。最初から「Sです」と分かりやすいラベルでも良かったと思うのですが。あまりにも久々で現在の顔が浮かばなかったのかもしれませんし、現在は私の意識の中にいない人(交流の無い人)だったからかもしれません。しかしバッタリ道で出会った時はすぐに判りました。ジジイになっても相変わらず外見が少年っぽかったので(笑)単に意識が飛んでくるだけならまだしも、こうして間もなく偶然に再会してしまうのは本当に摩訶不思議ですね。

大切な魂のおともだち

ところで、異性のソウルメイトというと、多くの人々が恋愛や結婚などという言葉を思い浮かべるかもしれませんが、異性だからと言って必ずしも恋愛とか結婚とかいうような所に繋がるわけではなく、友情とか思いやりとかで繋がり、ある特定の範囲で励まし合いながら共に生きるソウルメイトというのも存在するのだと思います。また、そのようなソウルメイトというのは、人生の伴侶となる人や家族や親戚の中に存在している、より深いレベルのソウルメイトとはエネルギーの質や向ける先が異なっていると感じます。ソウルメイトには何やら種類のようなものがあるようで、恋愛に至るレベルのソウルメイトや、結婚に至り生涯を添い遂げるレベルのソウルメイトがいたり、そこまでは行かなくとも、親子や近親者のレベルで深く様々なことを分かち合うソウルメイトや、ここで書いた友人たちのように、友情レベルで深く分かち合うソウルメイト、更にもう少しライトなレベルで分かち合うソウルメイトなどがいるようです。いずれにしても、何かしら見えない繋がりがあるとされる人だと思うので、思いやりを持って接し、時には励まし、分かち合いながら共にそれぞれに道を歩んでいくという事になるかとは思います。大切な魂のお友達というわけですね。

 

今日もたくさんの応援を有難う御座います!
20170302214307
f:id:dolphinparty:20161017175024g:plain