その次の世界へ 魂の旅

魂の探求、霊性を高めること、スピリチュアル全般について綴っています。

さて、どの次元を使おうか?

healing-spiritual-harbs-angels-bodytherapy

スピ&オカルト世界でいうところの次元って?

この週末にいらっしゃったお客様が「ブログに書いてある次元とヒーリングの話、私にはまったくわからない世界です」と仰っていました(笑)そうですよね、そこのところの詳しい説明などを飛ばして書いておりましたため「わからない」という人も多いと思います。ヒーリングにも「次元」というものがあるのです。この次元は空間だけを表している次元のことではなく、時間と空間、つまり時空を表しているほうの次元のことです。私がこのブログによく書いている「霊」は4次元のものと言われていますが、私たちのいる3次元と霊のいる4次元との大きな違いは、肉体を持っているかいないか、というところです。そして4次元は3次元のように物理的な世界ではないため、物事が透けて見えるというような所があり、この点も3次元との違いではないかと思われます。ちなみにオカルトの世界では3次元のことを「人間界」と呼んだり、4次元のことを「幽界」と呼んだりします。どちらの世界もバランスを欠きやすい傾向のエネルギーを持っており、感情や欲などが渦巻いているため、お世辞にもクリアーな世界とは言えないようなところがあります。5次元の世界までは、かつて人間として3次元に生まれ変わっていた魂がいたりしますが、3次元や4次元にいる人(魂)たちと違って、意識の穢があまり無いような状態の人たちばかりです。穢が無くなるにつれてそこにいる人たちの魂の波動(霊格のようなもの)も上がり、3次元にいる人々を守る役割が出来るようになります。一般的には「守護霊」「天使」と呼ばれる人たちです。オカルト世界では5次元を「霊界」と呼んだりします。6次元以上には人はいません。もしかしたら、いるかもしれませんが「意識だけ」という感じになるかと思われます。よく「キリスト意識」だとか「仏陀の意識」だとか言いますよね。もしも6次元に人がいるとしたら、そのような感じで存在しています。7次元辺りからは「愛と光」のみが存在する世界になっていきます。愛と言っても、3次元の言うところの愛ではありません。でも、3次元的にわかりやすく言えば「あなたには良いところも悪いところもありません」つまり、あるがままであり、良いとか悪いとかいう概念が無いという事になります。(それについてはまた今度書きます。)8次元以上は「光だけの世界」になり、あるがままを更に洗練させた状態になるのだと思います。7次元が生まれたばかりの赤ちゃんだとしたら、8次元以上は更に成長(成熟・洗練)していくというような感じです。それ以上の次元では、次元が上がる毎に光の質とエネルギー量などが異なってくるのだと思われます。

ヒーリングと次元、何の関係が!?

いったいこの概念らしきものがヒーリングと何の関係があるのでしょうか?まず、ヒーリングをする時に使う次元によって、エネルギーの質に違いが出て来るということがあります。3次元のヒーリングと言えば物理的に働きかける方法が挙げられます。マッサージや鍼灸などもこれに該当すると思います。同じマッサージや鍼灸でも、内容によっては4次元的な要素を含んでいたり、1次元、2次元、或いは5次元やそれ以上の次元的な要素を含んでいる場合もあると思います。もっと広い範囲では身体をストレッチしたり動かしたりする事も含まれると思います。4次元の見えない世界(何もかもが透けている世界)のヒーリングには、目には見えない不思議なチカラで身体を治癒する方法などが挙げられますが、中でも何かの霊、または意識にまだ穢を持つ人の魂(霊)の力を借りて行うような「呪術」と言われるようなものは4次元ヒーリングに該当します。みなさんも一度くらいはテレビで観た事があるかもしれませんが、西アフリカやアマゾンの奥地などに行くと、このようなヒーリングを行っていたりしますよね。そこまででは無いにしても、日本にも4次元ヒーリングやそれに準ずるものはたくさん存在しています。しかし、これは低級霊の力を借りていることもあるので注意が必要ですし、状態が良くなった代わりに異なる側面で見返りを求められることもあるのでご注意を。(一説によれば、身体の一部や大切なものを取られてしまうこともあるようです。)5次元も誰か見えない存在のチカラでを借りてヒーリングする感じになりますが、4次元よりはかなり軽い感じになると思いますし、大切なものを取られると言うことは無いようです。どちらかというと「守られている」という感覚や意識を与えてくれるようなものであり、身体も癒すことは可能だと思いますが「がっつり身体を癒す」というよりは、主に心のほうを癒すような性質のものになるかと思われます。ちなみに4次元のヒーリングでは心を癒すことはやや難しいようです。6次元は幾何学的な性質のもので、構造や法則を扱った類のヒーリングになります。(説明がやや難しいのですが・・・)周波数を扱ったヒーリングなどもこの次元のものになります。6次元以上のヒーリング法では、心も身体もともに癒す事が可能だと思います。ちなみに1次元は意識や感情のない鉱物、2次元は意識のようなものはあるけれど、感情のない植物などをベースとしたヒーリングです。例えばクリスタルヒーリングは1次元の要素をベースとしたものですが、ホットストーンを背中に置くようなヒーリングは、物理的に背中を温めるというところで3次元的な要素もプラスされていると思います。植物を扱ったヒーリングにはフラワーエッセンスやアロマテラピー、その他にもハーブ療法などがありますが、波動(周波数)を扱うという意味で使えば6次元的な要素もプラスされると思われます。時間の都合により、この続きはまた今度にしておきますね。

 

 
今日もたくさんの応援を有難う御座います!
20170302214307
f:id:dolphinparty:20170829151702g:plain