奇跡を呼ぶ意識の魔法

目に見えない世界のこと、不思議なこと、引き寄せの法則について綴っています。

イメージングで理想の家を見つけてしまったおはなし

finding_home_house_spiritual_imaging_イメージの力で家探し_スピリチュアル

それは ”広告が掲載された”というお知らせだったらしい

前回の話の続きになりますので、こちらの記事をお読みになる前に、こちらの記事を先にお読みになったほうが話の流れがわかりやすいと思われます。もし宜しければどうぞ!→(たまたま知ってしまった ”願いを実現化する方法” - 奇跡を呼ぶ意識の魔法

 

スタバでピンと来た直感をもとに急いで家に帰り、頭の中に浮かぶマンションのイメージを頼りにインターネットで検索し、見つけたそのマンションの間取り図を見て驚いたのは、私が紙に描いた間取りと全く同じだったからです!L字型のベランダや、南西向きになっている部屋数や、トイレやお風呂やキッチンの位置、中扉やその色、床の色まで本当に全く、全く同じだったのです。「これって、どういうこと!?何が起きたのかな?」と私は頭の中で何度もつぶやいていました。そして、すぐに不動産会社に電話をして、中を拝見したいと伝えました。その夜、そのことを夫に話したところ、夫は私の話を興味津々の様子で聞いていました。それに、そろそろ引っ越したいと思っていたらしく、そのマンションを見に行きたいと言いました。不動産会社の担当の人が言うには、私が突然スタバで直感を得て、インターネットで検索したその日の朝に、その物件の売却に関する情報をインターネット上に掲載したとのことでした。その後、静岡県や大阪府、都内の人などから部屋を見たいという問い合わせがあったようなのですが、当時、私はそのマンションから徒歩15分ほどの場所に住んでいて、すぐに現地に行けるという事で、一番乗りで部屋を見せもらうことが出来ました。まだ当時の所有者の方が住んでいらっしゃったのですが、家の中もイメージ通りで、望みどおり、ちゃんとキッチンから海も見えました。面白いのが、部屋の窓ガラスや、バスルームのガラス戸にイルカのジェルシール(?)がたくさん貼ってあったり、家の中にもイルカのオブジェがたくさんあったことです。聞けば、所有者の方はイルカが大大大好き!との事でした。私が主宰しているサロンの名前には「Dolphin(ドルフィン)」というのがついているので、少しばかり親和性を感じました。そして、部屋を見た数時間後、私達はそのマンションに決めるということを不動産会社の担当者に伝えました。

ただのイメージング?それとも、チャネリング?

今までにも引っ越しする際には「こんな家がいいなぁ」という希望はありつつ家探しをしていましたが、どこか必ず妥協しなくてはならない点が幾つかありましたので、家探しなんてそんなものだと思っていました。しかし、今回は妥協点は一つもありませんでしたし、何よりも、私がイメージしたままの物件と現実に出会えるとは思いもしませんでした。このことを今になって改めて考えてみると、私は気がつかないうちに、物件をチャネリングでもしていたのかと思ってしまいます。もちろん、実際はそのようなことはしておらず、本当に自分の希望のままに図を描いただけなのですが、仮に、引き寄せの法則なり、超感覚なりを使って家を手に入れるという方法をとった時、自分の希望に限りなく近い物件の中から選ぶ、という方法が出来るとします。よくブログのテンプレートを選ぶ時などと似ていますね。時には、自分の理想のデザインとピッタリのテンプレートがそこに用意されていなくて、妥協しなくてはならない事もあるかもしれません。でも、私の家探しのケースでは、私の理想とピッタリの間取りの家がたまたま用意されていたのかもしれませんね。だから私のもとに「注文通りの家がありますよ〜」などという感じで情報が降って来たのかもしれません。しかし、このことは未だにハッキリと解っていないため、「ただ、イメージした通りの家を引き寄せることが出来た。」ということしか言えないのです。ちなみに、当時、そのマンションの近くに住んでいたとはいえ、そんなに頻繁にそのマンション前を通っていたわけではありませんでしたし、間取りなどはもちろん把握しているはずがありませんでした。この続きは長くなってしまうので、また次回書きますね。

 

今日もたくさんの応援を有難う御座います! 
f:id:dolphinparty:20161017175024g:plain