その次の世界へ 魂の旅

魂の探求、普段は目に見えない世界のこと、スピリチュアル全般について綴っています。

我欲を強める引き寄せの法則!?

thelawof-attraction-truesecret

使いすぎてはならぬ引き寄せの法則!?

いつもセッションにお越し頂いているお客様や、これまでにセッションをさせて頂いたお客様にはメールで活動に関するご連絡をさせて頂きましたが、今後の活動内容には変化はほとんど無く、今まで通りのセッションを行って参りたいと思います。しかしながら、今後は内容をさらに充実させて行きたいと思っておりますので、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。(また、ブログタイトルを変更させてい頂いた理由も、さらに今の私のエネルギーに合ったものにしたいと考えてのことです。いつもご訪問どうもありがとうございます。)

ところで、従来の引き寄せの法則的なものに対して、実は2011年あたりからちょっとした疑問を持ち始めておりましたが、このたび自分の中で確信めいたものを感じ、これまでに語られている引き寄せの法則の捉え方に対して少しばかり違和感が出てしまいました。また、魂の進化と言ってしまってもいいものなのかは分かりませんが、そのような事に関して更にその先に進んでいくためには、引き寄せの法則的なものに変な形で使い過ぎてはならないものなのだなぁ・・・とある日突然ハッキリと気づいてしまいました。こういう事を言ってしまうと、引き寄せの法則に希望を見出していた方々は気分が落ちてしまったり、そっぽを向いてしまうかもしれませんが、要するに「適切に使う」というところが重要であると思うわけなのです。そうは言っても、引き寄せの法則的な手法って本当にお手軽でカンタンですし、何より、ワクワクするし楽しいですよね。解ります、解りますよその気持ち。

それじゃ却って我欲を強めてしまう・・・

今や世の中には様々な引き寄せの法則的な手法がありますが、引き寄せの法則的な手法で何かを手に入れたり、物事を上手く行かせようとする時、ちょっとしたポイントがズレると逆に我欲を強めてしまい、その意識の次元から抜け出せなくなってしまうことがあるように見受けられます。人は元々、今いる地点よりも更なる上を目指したり、進化の方向に行ったりする性質を持っているようですが(それはとてもナチュラルなことです)その途中で意識がとどまってしまいがちな地点というのが幾つか存在するようです。そこに嵌ってしまうと、今度は進化とは違う道を行ってしまうことにもなりかねません。そのような道はけして心地良いものではありません。どちらかというと苦しさを感じるようなものではないかと思われます。「これを手に入れたい」というのは明らかに我の声ですが、手に入れたいと考えることは、同時に「自分は未だそれを手に入れていない」ということを意識にインプットしているようなものです。「手に入れたい!」と何度も思ったり、願ったりするほどに我はどんどん強まって行き、終いには我欲のぬかるみに足を捉えられてしまったりするでしょう。そうなって来ると既に進化とは逆の道を行っていることになってしまいます。また、その方法によって何かを手に入れるという意識を持つこと自体も意識の波動を下げたり進化の停滞を招きかねません。もちろん皆が皆、意識を高めたり進化したいと思っているわけではないとは思いますが、先程も書いたように人にとって意識を高めたり進化することはとてもナチュラルなことであり、元々そのようになって行く性質を持ち併せているものだと思いますので、それを踏まえてここに書いております。ちなみに、意識を高めたい!進化したい!という思いを持ち過ぎることについて、それがどこから来ているかによっては却って強烈に我欲を強めてしまうことにも繋がります。

波動に合ったものしか実現化しない?

御存知の通り、人には「何かを獲得して行きたい」という欲求が本能的に備わっています。何かの目標を達成したいという気持ちや、何かを手に入れたいという気持ち、こういう自分になりたいというのもこれに当てはまると思います。このような気持ちが自分の中にある時、さて引き寄せの法則的な方法を使うべきか否か?もちろん、使っても良いのでは?と思います。でも、使い方を間違わないようにして下さい。その時やるべきことは「願う」ことではなく「決める」ことです。少しでもマインドに願いの意識があると自分の知らない内に我欲を強めてしまい、却って意図した方向にエネルギーが流れなくなってしまいます。そして、意図の内容がちょっとしたものや小さなものであれば実現化しやすいこともありますが、それが大きな内容だったり、まったく経験したことがないような類のものだとなかなか実現化しにくいのは「決める」ことが出来ないからだと思われます。「私は◯◯の状態になる」ということを決めるのです。よく、それが実現化するかどうかが不安になってしまう人がいますが「決める」とそうなることに対して何の不安など持つことが出来なくなるはずです。マインドにどっしりとした安定感を備えるためにも、最初のうちは「いずれそうなるものなんだ。私はそこへ向かっていっている。」という感覚を補助的に持つのも良いかもしれません。でも、最終的には「私は◯◯の状態になる」→→→そして「既に◯◯の状態なんだ」というようにマインドに宣言していくのです。あくまでも、ここに「なりたい」というような願望の意識を持ち込まないことが重要です。もしもそれで何らかの不安が出るようであれば、その意図は今のあなたには合っていないということになります。その場合、意図するには時期尚早か、或いは観念から発生している意図である可能性があります。観念から発生している場合、どんなに意図しても実現化することはありませんし、何をどうしようがどこまでも不安がつきまとうことでしょう。その反面、どのような大きな内容の意図であったとしても、それが魂レベルの深い意識から出て来たものであれば不安になることなく、しっかり「決める」事が出来て、ブレること無く意図を持ち続ける事が出来るのです。つまり、その人の意識の波動に合ったもののみが実現化していくというようにも捉えることが出来そうですね。  そこに合致さえしていれば我欲を強めることなくスムーズに物事が実現化するのだと思います。

 
今日もたくさんの応援を有難う御座います!
20170302214307
f:id:dolphinparty:20170829151702g:plain